チソン&オム・ギジュン出演ドラマ「被告人」視聴率25.6%で再び自己最高視聴率を更新!

写真拡大

SBS月火ドラマ「被告人」の視聴率が25%の壁を乗り越えた。

14日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、13日に韓国で放送された「被告人」の第15話は視聴率25.6%(以下、全国基準) を記録した。これは前回の24.9%より0.7%高い自己最高視聴率だ。

1月に14.5%の視聴率でスタートを切った「被告人」は第7話に視聴率20%を突破し、第15話では25%を突破した。最終話まで残り3話となった「被告人」が平日ドラマの夢の視聴率である30%台を超えることができるのか、関心が集まっている。

一方、同時間帯に放送されたMBC月火ドラマ「逆賊:民を盗んだ盗賊」は10.5%、KBS 2TV月火ドラマ「完璧な妻」は3.5%を記録した。