鳥栖DF小林祐三、移籍後初勝利の日に長女が誕生「忘れられない1日に」

写真拡大

 サガン鳥栖は14日、DF小林祐三に第2子となる長女が誕生したことを発表した。

 発表によると、小林に長女が誕生したのは今月11日。小林はクラブ公式サイトを通じて、以下のようにコメントしている。

「頑張ってくれた妻と子供に、心から感謝したいと思います。チームも今季初勝利、自分にとって忘れられない1日になりました。父親として、プレイヤーとして成長していけるように精一杯頑張ります」

 現在31歳の小林は昨季限りで横浜F・マリノスと契約満了となり、今季から鳥栖に加入した。しかしながら、2月に右ひざの負傷で全治2カ月との診断を受け、戦線を離脱。2017明治安田生命J1リーグ第3節終了時点でまだ出場機会はない。