写真提供:マイナビニュース

写真拡大

STMicroelectronicsは、ARM Cortex-M4Fプロセッサと、独自の低消費電力技術を融合した32bitマイコン「STM32L496」および「STM32L4A6」を発表した。

同製品は、内蔵メモリ容量を最大320KBに拡大しており、独自のグラフィックスハードウェアアクセラレータ「hrom-ART Accelerator」によるスムーズなディスプレイ表示を可能としたほか、1MBのフラッシュメモリ、CANインタフェース、カメラ・インタフェース、水晶発振子無しで動作するFull Speed(FS)USB On-The-Go(OTG)も搭載している。また、ハードウェア暗号化アクセラレーション搭載で、SHA-256およびAES-128/192/256アルゴリズムを実行できるため、セキュアな環境構築も可能となっている。

さらに、多ピンのUFBGA169パッケージ・オプションにより、従来シリーズ「STM32L476/486」が持っていたデジタル/スマート・アナログ機能に加え、新たなペリフェラルを、より柔軟に活用できるすることを可能としたほか、外付けDC-DCコンバータでプロセッサを駆動するオプションも用意しており、電源アーキテクチャの柔軟性を向上させている。

このほか、搭載されているFlexPowerControlアーキテクチャは、消費電力を低減させる新たなシャットダウン・モードと、プロセッサおよびペリフェラル用に複数の独立電源を搭載しているほか、充電回路付きの個別V(BAT)ドメインを装備することで、バッテリ電源の利用や再充電の柔軟性を向上させることが可能となっている。加えて、7種類のローパワー・モードにも対応。多様な選択が可能で、I/OレベルとSRAMの内容を保持するオプションも備えているほか、同オプションには、それぞれ複数のサブモードも用意。アプリケーションの多様な要求に応じて消費電力を高精度にトリミングすることが可能となっている。

なお、参考サンプル価格はLQFP64パッケージ、512KBのフラッシュメモリ、320KBのSRAMという構成の「STM32L496RET6」で約4.63ドル。従来品と互換性を持つNucleo-144ボード(NUCLEO-L496ZG)は約19ドルで、Discovery Kit(STM32L496G-DISCO)も約70ドルでそれぞれすでに入手が可能。NUCLEO-L496ZG-Pボード(外付けのDC-DCコンバータ搭載)は、2017年4月に販売代理店により入手可能になる予定だという。

(小林行雄)