by Richard Derrick

「5分で520桁の数字を記憶する」など、記憶力を競う記憶力大会に出場するようなメモリーアスリートたちは、他のスポーツ選手たちと同様に毎日何時間もの訓練を行っています。「超記憶」と聞くと天性の才能のように聞こえますが、メモリーアスリートたちの脳について調べた最新の研究では、一般の人々も訓練によって優れた記憶力を得られることが示されました。

Mnemonic Training Reshapes Brain Networks to Support Superior Memory: Neuron

http://www.cell.com/neuron/fulltext/S0896-6273(17)30087-9

Don't Forget: You, Too, Can Acquire a Super Memory - Scientific American

https://www.scientificamerican.com/article/dont-forget-you-too-can-acquire-a-super-memory/

この研究は、オランダのラドバウド大学に在籍する認知神経科学のMartin Dresler准教授が率いるチームが行ったもの。研究チームによると、一般の人でも、メモリーアスリートが行っている記憶テクニックを行えば、記憶力を劇的に向上させることが可能だそうです。

研究者らは「行動テスト」と「脳スキャン」を組み合わせ、メモリーアスリートと一般の人々の違いを調べました。脳スキャンを行ったところ、メモリーアスリートの脳の接続パターンは一般の人々と異なることが判明したのですが、一般の人がメモリーアスリートたちが使う記憶テクニックで数週間訓練したところ、記憶力が劇的に向上したとのこと。この時、一般の人の脳の接続パターンは、メモリーアスリートのそれと似たような形を描いていたそうです。

「迷宮のようなロンドンの街を案内する必要があるタクシー運転手は、海馬の灰白質が発達している」など、過去の研究から、ある特定のスキルが脳を変える、ということはわかっています。記憶力大会に出場するトップアスリートたちは「数分間で一列に並んだカードの数字を記憶する」というような特殊なタスクを完遂するために記憶テクニックを使っており、研究者らは今回、メモリーアスリートも脳を変えているのかどうか、そして変化が起こっているとしたら、「どのように起こっているのか」を明らかにしようと試みました。



by tourist_on_earth

調査では、まず23人のメモリーアスリートを、年齢・性別・IQに基づいたコントロールグループと比較。何もしていない状態と、記憶タスクを行っている状態で両者に脳スキャンを行いました。すると、特定の脳の部位における違いはなかったのですが、通常時と記憶時の両方において、メモリーアスリートたちの脳の接続性が一般の人々と大きく違うことが判明。「ハードウェア全体に違いはないのですが、何かより微妙な違いが起こっていたのです」とDresler氏は語っています。

次に研究者らは、記憶トレーニングの経験が全くない51人の被験者を、3つのグループにわけ、グールプ1にはメモリーアスリートたちが行う記憶トレーニングを、グループ2には別の記憶トレーニングを行わせ、グループ3には記憶トレーニングを全く行わせませんでした。グループ1の人々は1日に30分、6週間にわたって「記憶の宮殿」という方法を訓練してもらいました。記憶の宮殿は「場所法」などとも呼ばれ、ある特定の場所を思い浮かべてその場所に記憶したいものを配置していくという記憶法で、古代ギリシャの吟遊詩人も行っていたと言われている古い手法ですが、現在でも多くのメモリーアスリートたちが実践しています。そしてグループ2には長期記憶には向かない、Nバック課題というトレーニングを行ってもらいました。

すると、グループ2とグループ3の記憶力に変化はなかったのですが、グループ1の人々の記憶力は6週間の間に劇的に向上。脳に構造的な変化は見られなかったものの、通常時と記憶時における接続パターンはメモリーアスリートたちのそれと似たような形になったとのことです。「興味深いのは、ただ単に行動として『記憶力がよくなる』という変化が出たのではなく、脳のレベルでメモリーアスリートとの類似が見られたということ。一般の人々の脳を、世界で最も優れた記憶力を持つ人々のパターンに変えられることです」とDresler氏は語りました。

今回の研究には参加しなかった脳神経生物学者のJames McGaugh氏は、Dresler氏らの研究がロンドンのタクシー運転手らを対象とした研究と類似する点があるものの、「特定の脳の部位にフォーカスを当てるのではなく、脳全体の接続性に着目した」という点が大きな違いであるとしています。「この研究は、『私たちの脳はいつでも鍛えることができる』ということを証明するものの1つです」とのこと。また、同じく神経生物学者であるCraig Stark教授は、この研究結果を受けて「何か新しいことを学ぶと、脳や、情報を処理する方法は変わります。それはあなたの世界の見方を変えるでしょう」と語っています。



by Lacie Slezak