男子がドキッとする! 職場の女子の「オン・オフのギャップ」5つ

写真拡大

仕事中の姿とプライベートでの姿にギャップがある女性も多いことと思います。本人にとっては「当たり前のこと」が、実は男性をドキッとさせるための切り札になるのかもしれません! 職場の女性が見せたら、思わずドキッとしてしまう「オンとオフのギャップ」について、働く男性のみなさんの本音を聞いてみました。

■私服がカワイイ

・「普段は地味な服装だが、飲み会にはミニスカワンピで参加する」(29歳/情報・IT/技術職)

・「私服を見る機会が少ないので、私服姿はドキッとする」(27歳/その他/その他)

たとえ制服がない場合でも、お仕事中はおとなしめな雰囲気を心掛けている方も多いことと思います。それと比較して、私服は自分の個性をアピールすることが可能! 予想外の華やかさに思わずドキッとする男性も多いようです。

■ヘアスタイル

・「髪の毛をおろした姿を見たときは、ドキッとした」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「オフのときは髪を下ろしていて、メガネ」(28歳/商社・卸/営業職)

まとめた髪を下すだけでも、「おっ!」と思わせるポイントになるようです。毎日見せていると、あまり効果は期待できません、ここぞ! というタイミングを狙ってぜひチャレンジしてみてください。

■言葉遣い

・「職場では礼儀正しいが、二人きりになると、タメ口になる」(22歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

仕事中のタメ口は、あまり好ましくありません。しかし敬語だと、お互いの距離が縮まらない気がする……なんて感じる方もいるのではないでしょうか。こんなときには、オンとオフでメリハリをつけることで、より距離を縮められるのかもしれませんね。

■テンションの差

・「いつもきっちりしているけど、オフであったら、めちゃくちゃ親しくしてくれたりすると結構いいなぁ、と思うかも。(次に職場で会ったら、いつもどおりだと更にいい)」(23歳/その他/クリエイティブ職)

・「仕事中はあまり笑わないが、オフになるとよく笑う」(29歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「職場ではツンツンしているが、オフだと人なつっこい人」(27歳/医薬品・化粧品/その他)

仕事中はしっかりしていて、どこか冷たい印象を抱いてしまう女性たち。オフになった瞬間に打ち解けてくれたら、好感を抱く方も多いよう。ツンデレ系のギャップが、魅力をアピールしてくれます。

■「できない」のがイイ!

・「仕事はできるけど、家ではぐ〜たらしている人」(28歳/その他/その他)

・「職場では強めでしっかりしているが、プライベートではちょっとドジで甘えてくる」(26歳/その他/販売職・サービス系)

オンでしっかりしている人がオフでもしっかりし過ぎていると、どこか「隙がない」印象になってしまいます。オンでしっかりできているなら、オフのときは、少しドジなくらいがちょうど良いのかも……!? 素のままの自分も、自信をもってアピールしてみてくださいね。

■まとめ

女性たちが見せる「オンとオフのギャップ」に、思わず心奪われてしまう男性も少なくないことがわかりました。ごく自然にアピールできるギャップだからこそ、効果的なのかも。職場に気になる男性がいるなら、ぜひ、オフの姿もチラ見せしてみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数332件(22歳〜39歳の働く男性)