写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バークレイグローバルコンサルティング&インターネットは3月14日、越境EC ASPサービス「EC Baskech」β版をリリースした。

EC Baskechは、翻訳/多言語ショップ構築/更新/カスタマーサービス/物流/決済/各ライセンス申請/インボイス/プロモーションまで、EC運用に必要な機能を揃えた越境EC ASPサービス。最大通貨168通貨、最大言語103カ国語に対応しているほか、PayPal、Alipay、銀聯といった決済方法にも対応している。

Eコマースのオープンソース「Magento」をカスタマイズして使用しているため、細やかな調整が可能なコンテンツや、特殊機能を持つショップの構築など、さまざまなカスタマイズが可能だ。

また、オプションとして、商品登録、画像加工、在庫管理、デザイン更新など、ネットショップに関わる業務の運営代行サービスを用意している。

提供価格(税別)は、初期費用が30万円、システム・サーバの月額利用料は3万5000円と流通額の3%を合わせた金額。オプションの運営代行サービスは月額15万円。

(山本明日美)