新型と思われる複数のiPadが、Apple本社のあるカリフォルニア州クパチーノ周辺でテストされていることが、米メディアTechCrunchに提供されたモバイルマーケティング会社Fiksuのデータから判明しました。

データログに4種類のIDが登場

Fiksuによれば、データログには4種類のIDが登場しており、続き番号となっているのは従来どおりだそうです。前回iPad Proが発表された際にも、Fiksuのデータに「6,3/6,4」「6,7/6,8」のIDが、クパチーノ周辺で認められました。
 
今回確認できたのは「7,1」「7,2」「7,3」「7,4」の4種類です。登場回数はFiksuが現時点までに確認した限りではiPad 7,1が17回、iPad 7,2が11回、iPad 7,3が5回、iPad7,4が10回となっています。

2〜4モデルがテスト中

Appleはこれまで、WiFiのみのモデルとWiFi+セルラーモデルに異なるモデル番号を割り当てていることから、Fiksuは現在テスト中のiPadは2〜4機種だろうと推測しています。
 
つまりこれらのIDからわかるのは、少なくとも2モデルの新しいiPadが実験中であるということです。
 
これまでの情報では、Appleは全体的なサイズは9.7インチ版iPad Proと同じながら、ベゼルレスでディスプレイが10.5インチに大画面化したモデルと、従来通りの12.9インチ版と9.7インチ版をそれぞれアップデートしたモデルを発表するといわれています。

1ヵ月以内新型iPad Proが発表される?

米メディアMacRumorsがFiksuから入手したチャートを見ると、新型iPadのテストは昨年9月からスタートしていたことがわかります。テスト台数が1月に入って大きく増え、さらに2月にも追加されていることから、Fiksuは「1ヵ月以内に新iPadが発表されるのではないか」と予測しています。
 
iPad ProはAppleのスプリングイベントで発表される可能性が高いと見られていますが、現時点でもまだその開催日時は明らかになっていません。イベントは行なわれず、3月20日〜24日に発表との新たな噂も浮上しています。
 
fiksuchart
 
 
Source:TechChrunch,MacRumors
(lunatic)