写真提供:マイナビニュース

写真拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは13日、新型「3008」を全国のプジョー正規販売網「プジョー・ディーラーネットワーク」で販売開始すると発表した。同モデルは3月6日に「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2017」を受賞している。

新型「3008」は、新プラットフォーム「EMP2」をはじめとする軽量化とにより、SUVの概念を覆す軽快な走りを実現した。エクステリアは直立したフロントフェイスと大型グリル、長くフラットなボンネットなどを特徴とした存在感のあるスタイルで、ボディサイズは全長4,450mm、全幅1,840mmと大型化されている。

インテリアには新世代の「i-Cockpit」を採用。デジタルヘッドアップインストルメントパネルや12.3インチデジタルディスプレイを搭載し、表示スタイルは4つのディスプレイモードから選択できる。8インチタッチスクリーンも備え、オーディオ、電話、エアコン、ナビゲーション、ドライビングアシストを操作することができる。

装備面では、安全装備としてアクティブセーフティブレーキ、レーンキープアシスト、アクティブブラインドスポットモニターシステムなどを採用。機能装備としてフルLEDヘッドライト&フォグランプ、ワイドバックアイカメラ/フロントサイドカメラ、左右独立式オートエアコン、ハンズフリー電動テールゲート、パノラミックサンルーフを採用した。

エンジンは最高出力165PSの1.6リットルターボで、6ATを組み合わせる。価格は「3008 アリュール」354万円、「3008 アリュール LEDパッケージ」369万円。限定車として、80台限定の「3008 アリュール デビュー・エディション」が398万円、180台限定の「3008 GT ライン デビュー・エディション」が400万円で販売される(価格はすべて税込)。

(山津正明)