イチゴやチェリーなど春らしいフルーツを使用した「セントレジスバー」の「スプリングアフタヌーンティー」(4500円)

写真拡大

大阪・本町のホテル「セント レジス ホテル 大阪」から、サクラにちなんだ春を感じる4つの期間限定メニューが、3月11日から順次登場する。

【写真を見る】軽い口当たりと控えめな甘さが上品な「ブランジェリー ル ドール」の「桜ムース」(550円)

かわいいビジュアルに心浮かれるサクラのムースや、春仕様で提供されるアフタヌーンティーセットなどのスイーツのほか、バーで楽しめるサクラのカクテルを展開している。さらに、ランチやディナーで楽しめる、サクラのリゾットにも注目したい。いずれも、サクラの香りやホテルならではのおいしさはもちろん、淡いピンクを基調とした色使いの美しさも魅力だ。

「ブランジェリー ル ドール」の「桜ムース」(550円)。中にチェリーのゼリーが入ったサクラのムースを、ピンクのホワイトチョコでコーティング。軽い口当たりと控えめな甘さが上品(3月11日〜4月30日)。

「セントレジスバー」で提供される「スプリングアフタヌーンティー」(4500円)。イチゴやチェリーなど、春らしいフルーツをふんだんに使用している(4月1日〜4月30日)

「セントレジスバー」の「SAKURAカクテル」(1950円〜)。サクラのリキュールで色づけたピンクのカクテルに、サクラの花びらを浮かべて(3月20日〜4月30日)

イタリア料理「ラ ベデュータ」の限定SAKURAメニュー 「プリマベーラ 〜シェフ マウロから春のお届け〜」(アラカルト3800円〜、ランチ7500円、ディナー1万6000円)。コース問わず楽しめる、ビーツで色づけしたサクラのリゾット(4月1日〜4月30日)。写真はアラカルト。

いずれも4月30日(日)までの限定。セント レジスで、ひと足早く春の訪れを楽しもう!【関西ウォーカー編集部/豊田裕美】