藤本敏史(FUJIWARA)

写真拡大

13日放送の「痛快!明石家電視台」(毎日放送)で、お笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史が、妻・木下優樹菜と結婚するために取った方法が明らかとなった。

番組では、「実際どうなん!? 芸人の妻10人」と題し、木下を含めた有名芸人の妻がスタジオに集まり、トークを展開していた。この中で、結婚に至るまでの体験エピソードを披露することになり、木下は自身について、夫である藤本の努力が大きかったと明かす。

交際時期の藤本は、木下よりもはるかに稼ぎが少なかったとか。そんな格差カップルの状態で、藤本は結婚するためにある秘策に出たというのだ。

当時、ふたりはバラエティー番組「クイズ!ヘキサゴンII」(フジテレビ系)のレギュラーメンバーとして名を連ねており、藤本はその頃から何度も求婚しては失敗していたそうだ。だが、藤本は相当しつこかったようで、同番組メンバーによるユニットでNHK紅白歌合戦に出場した際、藤本は年越し後に木下の実家にまでついて行ってしまったというのだ。

さらに藤本は、木下の両親と年齢が近かったことから、松任谷由美のCDアルバムの貸し借りをしたりと、世代を生かした関係づくりを進めていたという。そうやって「外堀り」を埋めた後に、世間がふたりの関係に言及し始めたタイミングで、藤本は正装で木下の父親に挨拶し、結婚の承諾を得たとのことだった。

【関連記事】
藤本敏史 お笑いコンビ・DonDokoDonのコンビ仲を暴露「仲よかったときない」
FUJIWARA出演イベントに藤本敏史の娘が乱入 観客がざわつく事態
木下優樹菜が夫・藤本敏史の芸風にダメ出し「小物感」「前のめりでウルサイ」