写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本ユニシスは3月13日、米Fellow Robotsが開発・提供する自律移動型サービスロボット「NAVii(ナビー)」を活用した店頭での実証実験の第二弾を、ヤマダ電機の店舗で実施することを発表した。

同社は2015年12月より、自律移動型サービスロボットの日本国内での取り扱いを開始し、2016年2月にヤマダ電機テックランド青葉店において、NAViiによる商品売場や店内施設の案内を行う実証実験の第一弾を実施した。

第二弾では、NAViiに日本ユニシスのAI関連技術体系「Rinza」を活用した「知的エージェントサービス」を新たに搭載し、商品や売場の案内を飛躍的に進化させるとともに、ロボットが販売員の業務を代替することによるコスト効果を算定し、導入メリットを定量化する。

さらに、自動での「在庫チェック」「売価チェック」の機能を実装し、従業員の業務負荷軽減を検証していく。

実施期間は2017年3月13日〜4月30日までの予定で、第一弾同様、神奈川県横浜市にあるヤマダ電機テックランド青葉店で行う。

(小松原綾)