春の番組改編でお笑いコンビのバナナマンがレギュラー4番組の終了を嘆いて話題だ。ニホンモニターによる毎年の「タレント番組出演本数ランキング」では上位の常連組で、HPにレギュラー番組としてテレビ14本、テレ朝の動画1本、ラジオ1本を並べる売れっ子に何があったのか――。

 3月で終わる番組は、TBS系の「万年B組ヒムケン先生」と、フジテレビ系「そんなバカなマン」「優しい人なら解ける クイズやさしいね」「モシモノふたり〜タレントが“おためし同居生活”してみました〜」。このうち、単独での出演番組が2本ある日村勇紀(44)は「俺、もうヤバイよ。大ピンチ」と自嘲気味に笑い、平日朝の情報バラエティー「ノンストップ!」(フジ系)の司会などで活躍の設楽統(43)も「終わるっていうのは、怖いよね」と同調した。

 だが、新スタートのレギュラーも控えているというし、彼らが落ち目だと一概には言えないだろう。放送関係者の見方はこうだ。

■舞台コント中心の活動に“原点回帰”か

「バナナマンはもともと、舞台コントを中心に活動し、超売れっ子とまではいかないまでも、そこそこの人気をよしとして『超低飛行芸人』を標榜していた。それがここ数年、引く手あまたで、連日2〜3本の収録をこなしてきたのだから、ちょっとTVのMCなどの仕事を整理して、原点に戻ってライブに傾注しようというのじゃないですか。そして今後は彼らの核となるような冠番組を長く持って、ライブや深夜番組で自分たちのやりたいことをやりたいようにやっていく。ダウンタウンの松本人志のような活動をイメージし、そこへのシフトを図っているようにも見えます。ゴールデンタイムの番組『クイズやさしいね』が終わるのは痛手かもしれないけれど、それ以外のどの番組も一定以上の視聴率を出しているし特番のMCも常時ある。売れっ子なら、ある程度何をしても許される世界ですからね」

 清水富美加の引退騒動で、芸能界の労働問題がクローズアップされたこともあり、不眠不休の働きづめがもてはやされる時代ではないとの判断もあったのかもしれない。

 一方で、こんな声も。

「実は設楽は『ノンストップ!』での内々での評判が芳しくない。周りに合わせようとせず、我を押し通すところがあるんです」と放送関係者。加えて、「3年ほど前はバナナマンのギャラはバラエティー1本で推定150万円〜。爆笑問題やダウンタウンの推定250万円には及ばなかったのですが、今や彼らと肩を並べるどころか、追い越した感もある。1本250万円では制作予算を切り詰め中のテレビ局が抱えきれないという判断なのかもしれません」(前出の放送関係者)。

 レギュラー減の理由は高額ギャラか不人気か原点回帰か――。その全部かもしれない。