キシリトールガムが歯に良いなんてことは、誰しも当たり前のように知っている事実。今更キシリトールガムが歯に良いなんて耳にしたとしても、そんなの聞き飽きたというのがみなさんの正直な感想ですよね。しかしキシリトールガムが具体的にどのように歯に良いのかをご存知でしょうか?

キシリトールガムが歯に良いことは誰しも知っている中、具体的にどのように歯に良いのかを知っている人はあまりいません。とりあえず歯に良いという漠然な考えのもと誰しもキシリトールガムを噛んでいるのではないでしょうか。では、わたしたちが何気なく手にしている、口にしているキシリトールガムの、歯に対する具体的な働きについて見てみましょう。

キシリトールガムに含まれるキシリトールの性質

そもそもキシリトールガムとは、名前のとおりキシリトールという成分を使用したガムのことを指します。当然キシリトールガムで得られる歯に対する効果は、このキシリトールによるものです。ちなみにキシリトールとは、簡単に言えば糖のような甘み成分のことです。甘い点では糖と似ているものではありますが、絶対的に糖と異なる性質を持っています。

それは、糖は虫歯菌の餌となるのに対して、キシリトールは虫歯菌の毒となることです。わたしたち人間が食べてもなんともないキシリトールですが、虫歯菌にとっては毒となってしまう嫌な成分なのです。虫歯菌は糖を糧にして酸を出します。この酸が歯を溶かす原因となってしまうわけですが、虫歯菌がキシリトールを取り込む際、虫歯菌は酸を出すことができず、みるみる弱体化していくのです。

キシリトールガムで歯に得られる効果

上記のようなキシリトールの性質によって、キシリトールガムは虫歯菌の増殖を抑え、更には虫歯菌を死滅させることができます。キシリトールガムに得られる効果はこれだけではありません。ガムの咀嚼(噛むこと)により唾液の分泌が増え、歯に歯垢がつきにくくなり、歯の石灰化が促進され、口の自浄作用も強化され、口臭リスクも低下します。

そう、キシリトールガムは、わたしたちの口内環境を清潔に保つ上で、非常に強力な味方となってくれるわけです。しかしキシリトールガムを1粒だけ噛めば、このように口内環境が劇的に変わるわけではありません。キシリトールの効果を最大限に引き出す噛み方を実践してはじめて、キシリトールガムの恩恵が得られるのです。

キシリトールガムの効果的な噛み方

キシリトールガムの性質として、糖分ばかりのガムと違い、すぐに甘みや味が消えてしまう傾向にあります。しかし味がなくなったからといってすぐに吐き出してはいけません。キシリトール成分をできるだけ長く口内に留めるためにも、できれば10分以上は噛んでおきたいところです。そしてキシリトールガムを噛んでいる時に分泌される唾液をすぐに飲み込まないこと。先ほどの説明のとおり、この唾液が口内環境を良くしてくれるものだからです。

あとはキシリトールガムを噛むタイミングですが、食後が特におすすめ。食後の歯は酸化リスクが高まっていますが、キシリトールガムによりこれを中和することができます。なのでできれば食後の歯磨きではなくて、食後のキシリトールガムを習慣にしておきたいところですね。口内環境を清潔に保つ上で大いに活躍してくれるキシリトールガム。あなたも普段の生活の中にキシリトールガムを取り入れてみてはいかがでしょうか。


writer:サプリ編集部