2014年10月1日現在の海外在留邦人の総数は、129万175人。統計開始後最多となった。職業別では、「民間企業関係者」が長期滞在者の約54%(45万9112人)と最も多く、グローバルに活躍する日本人ビジネスマンの数は、今後ますます増えると思われるが……。

写真拡大

日本企業で英語研修の打ち切りが続出している。「英語ができても海外ビジネスはうまくいかない」、そんな壁を越えるために必要な技術とは?

■英語教育万全の日本人社員が海外でぶつかる壁とは?

日本企業にとって海外展開の必要性がますます高まっています。2012年までの円高の流れを受けて大手企業は各地に拠点を設け、グローバル展開を進めてきました。

ところが最近、英語学習の費用対効果を疑って社員への研修を打ち切る日本企業が増加しているのです。英語をうまく使いこなせば海外展開もうまくいくと信じてきたけれども、グローバルコミュニケーションはそれほど簡単な問題ではないことに気付いたのかもしれません。一体何が起こっているのでしょうか?

多くの企業が海外に出向・転籍する社員に対してビジネス英語研修を行ってきました。ところが、研修を受け万全の体制で出発したはずの社員たちが、現地でのコミュニケーションでかなり苦戦してしまっていると聞きます。そして、意外にもそのケースの多くが、顧客との交渉など「社外」に対する英語ではなく、同僚など「社内」での英語によるコミュニケーションの問題、つまり身内でのトラブルだったというのです。

英語は日本で習得してきたはずです。それなのに、うまくコミュニケーションがとれず、現地のスタッフから信頼されなくなってしまう。挙句の果てには仕事を放棄されたり、下手をすると訴訟沙汰にまでなってしまったりするケースもあるそうです。これでは英語研修の意味がありません。

ここは一度「英語能力が万能である」という考え方を見直し、今後のグローバルビジネスを進めるにあたり、何に注意するべきなのかを深く掘り下げる必要があると思います。

■避けるべきは日本的習慣の押しつけ

ところで、なぜ「社外」より「社内」のほうが、トラブルに陥りやすいのでしょうか? その大きな原因として、国を越えると働くスタイルがまったく違うこともあり、互いに拒否反応を起こしてしまうという点が挙げられます。

「社外」とのコミュニケーションは、「社内」ほど感情が絡むことはありません。というのも、例外はまれにありますが、「社外」は一歩引いたドライな対話が中心であり、取引の条件など客観的な内容が重視されるからです。相手が自分の希望通りにしてくれなかったと腹を立てたとしても、あくまでもビジネス上のことであり私的感情が入ったトラブルに陥りません。

一方、「社内」というのは同じ職場で働く仲間になるため、頼んだり頼まれたりしながら仕事を進めていかなければなりません。そして、仲間であるからこそ同じ働き方を求めてしまいます。当然、そこから「何となくその働き方が気に入らない」という私的感情も湧いてくるのです。これは「社外」との対話とはまったく異なります。さらに、国が変われば、働くスタイルも変わってくる。すると、ちょっとしたすれ違いが拒否反応を起こし、最悪の場合には重大なトラブルに繋がってしまうのです。

このような「社内」トラブルは日本人同士でも多いわけで、これをグローバルベースで考えるならばコミュニケーションには更に注意が必要になってきます。英語という世界共通言語をマスターすれば誰にでも想いは通じるなどという、そんな簡単な話ではないのです。

つまり、グローバル環境で「社内」トラブルが発生する原因の大多数は、海外の文化を理解しないまま、自分の国の慣行を押し付けた発言をしてしまうことにあります。日本のケースで考えると、「相手に反省をすぐ求める」というのがその典型でしょう。例えば以下のような発言をアメリカ人にしたとしましょう。

Why did you make same mistakes?(なぜ同じミスをするんだ?)

責任を追及されることを嫌がるアメリカ人は、こういった攻撃的な表現に強烈な拒否反応を示します。その程度で怒るなんてまるで子どもじゃないか、と思ったあなたはアメリカ人の文化を理解せずに表面上の英語だけを学習したにすぎません。

■グローバル環境で求められる伝え方

では、社内でのトラブルを避けるために相手と協力的な関係を築くには、どのようなコミュニケーションをとればよいのでしょうか?

この場合、過去の反省よりも未来に向かってどう改善していくかに重点をおいた対話をすることができれば、彼らとの関係も良好になっていきます。

例えば、先ほどの文章を私が直すならば、以下の2つが改善ポイントになります。

1)Youのように責任のありかを特定してしまう名指しした文章にしないこと。
2)責任の追及ではなく、改善方法について触れること。

この改善ポイントを踏まえて直すと、以下のようになります。

Let's think how we can avoid same mistakes.(同じミスを起こさないために何ができるか考えてみよう)

このような建設的な表現は過去の反省を促せるだけでなく、互いの信頼関係を深めて協力関係を得ることができるのです。

今後はM&Aなどを通じて、日本人が海外へ行くだけでなく、外国人を日本に迎えるケースもたくさんあると思います。その際、日本での文化や習慣をそのまま相手に適用するのは危険です。つまり、英語がどれだけ堪能になったとしても、相手に信頼してもらえないようなコミュニケーションだとしたら、使えない技術と同じです。

あなたが将来グローバルでの活躍を希望するならば、海外文化・習慣を意識したコミュニケーションが求められるでしょう。そして、それを習得していくことが、今必要とされるグローバルパーソンへの最短の道なのです。

----------

齋藤浩史(さいとう・ひろし)
マサチューセッツ大学MBA講師。

上智大学博士号中退、イギリスバーミンガム大学MBA。ゴールドマンサックスやその他外資・日系投資銀行で海外業務を行う。ヨーロッパ、中東、東南アジアの財務省や世銀との国際ビジネスに携わる。現在、マサチューセッツ大学MBA講師のほか、ビジネス英語ライティング研修、英語プレゼン研修を企業や個人に提供、同時に都内大学や資格学校のLECでミクロマクロ金融・経済学を教える。近著に『外資系金融の英語』(中央経済社)。

----------

(マサチューセッツ大学MBA講師 齋藤 浩史 文=齋藤浩史)