マツダは13日、本社工場で生産している新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-5」を今年11月から山口県の防府工場においても生産すると発表した。

 同社は、中期経営計画(2017年3月期〜19年3月期)で掲げているグローバル販売台数165万台の達成に向けて、クロスオーバー系車種を需要に応じて柔軟に生産できる体制の構築に取り組んでおり、「マツダCX-3」すでに昨年12月に防府工場での生産を開始していた。

 今回、本年2月に国内で販売を開始した「CX-5」は、発売から約1カ月で月間販売計画台数の約7倍にあたる16,639台を販売し、クロスオーバー系車種に対する顧客ニーズにより迅速に応えられる生産体制が必要とされていた。