「ポジティブに……そんなに好きじゃないこの大会のコンディションを、無理やり『好きだ』と自分に思い込ませるようにしています」

 初戦(1回戦免除の2回戦)を6-3、6-4で突破した後の会見で、錦織圭はインディアンウェルズ・マスターズに挑む心構えを、そのように説明した。


今季初の初戦ストレート勝利を挙げた錦織圭 すでにATPマスターズ1000で3度の決勝進出を果たしている錦織だが、インディアンウェルズに限って言えば、昨年のベスト8が最高成績。初戦敗退も3度経験しているこの大会は、彼がもっとも苦しんでいる地のひとつである。

 その過去に加え、今年は初戦の対戦相手も、苦戦を予期させる選手であった。

 錦織ファンにとって”ダニエル・エバンス(イギリス)”は、ある種の悪夢を想起する名だ。

 それは、2013年の全米オープン――。当時世界ランキング12位の錦織は悲願のトップ10入りをかけ、この全米に挑んでいた。ところが初戦で、予選から勝ち上がってきたエバンスにまさかのストレート負けを喫する。

 エバンスはかつて、もっとも才能豊かな若手として母国の期待を集めた選手。しかし、度重なる練習態度や素行の悪さがアキレス腱となり、持てるポテンシャルを発揮しきれずにいた。2013年の全米で錦織を破ったときには「ついに覚醒したか!」と英国報道陣を色めき立たせたが、その後も公私を含め迷走は続く。2014年には5年間師事したコーチのジュリアン・ホファーリンにまで、「彼にとって、テニスは単なる余興だ」と愛想を尽かされていた。

 そんなエバンスの転機は、その元コーチが昨年4月に癌のため、他界したことだった。以後、テニスに取り組む態度を大きく改めたエバンスは、今年1月のシドニー大会で決勝進出。つづく全豪オープンで4回戦に進出したときは、天を指さし、「ジュリアンがここにいないのが残念だ」と大粒の涙を流した。

 もっとも、そのようなエバンスの背景は錦織の試合とは無関係だし、それどころか錦織は全米での敗北すら「あ〜、完全に忘れてました……」と、過去に置き去りにしていた。ただそれは、決して錦織がエバンスを軽視していたからではない。むしろ錦織は、エバンスを「すごく警戒している選手」だと言った。

「今年はもちろんだし、去年の後半からプレーもしっかりしてきた。フォアの攻撃だったり、ネットプレーがとてもうまい」

 だからこそエバンス戦での錦織は、いつも以上にサービスの確率と、ボールのコントロールを重視した。湿度の低いインディアンウェルズでは、ボールは飛びやすく、その制御は難しい。日によっては強風が、ただでさえ跳ねるボールを複雑に揺らしもする。時々刻々と変わるコートコンディションのなか、初戦でトリッキーな相手と戦うには、まずはリスクを回避し、状況を確かめる必要があった。

 そのように、やや慎重に入ったなかで最初のゲームをブレークされたのは、ある意味で想定内だったのかもしれない。このいきなりのブレークに「多少焦る気持ちもあった」錦織だが、すぐに立て直せた要因は、「100%を望まない」という心の持ち様にあるだろう。

「このコートでは、理想とするプレーは難しい」という割り切りが、気持ちを落ち着かせ、直後のブレークバックにつながる。以降は長い打ち合いにも焦れることなく、丁寧にボールを左右に打ち分け、ストローク戦を制御。そうして並走状態で迎えた第8ゲームでは、相手のダブルフォールトを好機とみて、集中力を研ぎ澄ます。最後は鮮やかなバックのパッシングショットでブレークした錦織が第1セットを先取した。

 序盤は客席もまばらな、日曜の午前開始の試合に熱が宿り始めたのは、第2セット第1ゲームのことだった。錦織が放つ絶妙なドロップショットに、あるいはバックの鋭いクロスのパッシングショットに、そしてネット際での攻防の末に叩き込んだ豪快なボレーに、客席からどよめきと歓声が沸き起こる。

 錦織が瀟洒(しょうしゃ)なプレーでスタジアムの空気を支配するに従い、自分の得意な形に持ち込めなくなったエバンスは、苛立ちを募らせ始める。第9ゲームでダブルフォールトを犯すと同時に、エバンスがラケットを叩きつけたとき、事実上の勝敗は決した。警戒していた相手からストレート勝利を手にした錦織は、「タフな試合を予想していたが、いいプレーができた」とコート上で声を弾ませた。

 錦織が快勝を収めたセンターコートではこの日、同大会を3度も制したコーチのマイケル・チャンが「アレン・キング・アウォード」を受賞した。テニスに情熱を捧げた米国コメディアンの名を冠するこの賞は、肩書きを問わず、テニスの普及に尽力した人物に与えられる。その受賞セレモニーで家族や友人、そしてファンに謝意を捧げたチャンは、スピーチの最後を次の言葉で締めくくった。

「僕は、この会場からクルマで数時間の町で育ちました。だからここは、僕がもっとも好きな大会です。そして今は、圭にも一番好きな大会になってほしいと思っています。だからどうか観客のみなさん、圭に声援を送ってあげてください」

 かつてこの大会を愛し、そして大会からも愛されたコーチとともに、錦織は今、苦手としたコンディションを受け入れようとしている。

「好きだ」と思い込もうとするコートを、本当に好きになるための旅――。その一歩を、まずはセンターコートに刻みこんだ。

■テニス 記事一覧>>