米軍の無人攻撃機MQ-1C「グレイ・イーグル」(米陸軍提供)

写真拡大

米陸軍が近く、韓国西部・全羅北道群山市の米空軍基地に最新型無人攻撃機「グレイ・イーグル」(MQ-1C)の配備を開始する。聯合ニュースが13日、韓国軍関係者の話として伝えた。

グレイ・イーグルは、アフガニスタンやイラクなどで実績のある中高度無人機「プレデター」の改良型。翼の延長や強力なエンジンの搭載で性能が大幅に向上し、高度7600メートルで30時間の滞空が可能という。

翼下に武器を吊るすパイロンも2つから4つに増え、射程約8キロの対戦車ミサイルや精密誘導爆弾を搭載。韓国領空から北朝鮮側のターゲットを撃破することもできる。