GK東口順昭、またも神になる!「超至近距離」からの超反応がスーパー

写真拡大

ガンバ大阪の守護神、東口順昭。

今季はここまで全公式戦に出場しており、前節の柏レイソル戦では素晴らしいセーブでチームのピンチを救った。

そんな東口がまたも神がかり的なセーブを見せた!先週末に行われたJ1第3節のFC東京戦、3-0とリードして迎えた88分…

室屋成のクロスが藤春廣輝に当たってコースが変わると、ファーサイドにいた河野広貴がヘディング。

至近距離から放たれたにもかかわらず東口がこれに反応し、ボールを弾きだして見せた!今節のナンバーワン級とも言えるビッグセーブだろう。これに反応できる反射神経がすごい…。

東口の好プレーはこれだけじゃなかった。

東口はこの試合で大久保嘉人のPKもストップしており、チームのピンチを度々救った形だ。

試合後、G大阪の選手たちは好セーブを連発した東口に対し称賛の声を並べた。

キム・ジョンヤ(DF)
「ヒガシくんも頑張っていたので無失点で終わりたかった」
長沢 駿(FW)
「理想的な展開でした。勝てたのは良かったし、今日はヒガシくんさまさまかなと思います」
三浦 弦太(DF)
「ピンチの場面ではヒガシくんのセーブに助けられていますけど、DFとしてはまずシュートを打たせずに無失点で終われるように、次から修正していきたい」
長谷川 健太(監督)
「ヒガシも初めてPKを止めて、ああいうビッグプレーがあると周りの選手に勇気というか力を与えるなと」

スーパーセーブを連発しているそんな東口だが、試合後、PKをストップした直後のプレーで左頬骨を骨折していることが判明。しばらくの離脱が決定しており、チームとしては大きな痛手となりそうだ。