中国航空工業集団公司は11日、水陸両用機「AG600」の開発が順調に進んでいることを発表した。2017年上半期にも初のテスト飛行を行い、下半期には水上からの離陸試験も行う予定だという。

写真拡大

2017年3月12日、中国新聞社によると、中国航空工業集団公司は11日、水陸両用機「AG600」の開発が順調に進んでいることを発表した。2017年上半期にも初のテスト飛行を行い、下半期には水上からの離陸試験も行う予定だという。

中国航空工業グループによると、同機は中国が開発を進めている三大大型航空機の一つで、完成すれば世界最大の水陸両用機となる。最大離陸重量53.5トン、全長36.9メートル、翼幅38.8メートルで、森林火災での鎮火や水上での救助に対応できるように設計されている。

同機にはアッセンブル部品が5万点以上使われているが、その98%が国産。昇降装置や動力システムは完全国産となっている。デザインの総指揮を執った黄領才(ホアン・リンツァイ)氏は、同機は独自の知的財産権を持ち、中国民航の規定を満たした上で、全体的な技術と性能は類似する海外機の水準に達していると述べた。

AG600は2016年11月1〜6日に行われた珠海国際航空ショーで初めて実機が公開された。17年2月にはターボプロップエンジン4発を搭載した試運転に成功し、16年8月の時点で、すでに17機を受注していることも発表されている。(翻訳・編集/岡田)