アウディの上級4ドアクーペ、「A7 スポーツバック」次期型のレンダリングCGが欧州から届きました。

1

エクステリアは、アウディ最新世代のワイドなシングルフレームグリル、スクエアなヘッドライト、ボンネットからAピラー、そしてCピラーへラウンドした、滑らかなラインを描いています。

プラットフォームには、新世代モジュラープラットフォーム「MLB Evo」を採用し、2014年に公開された「アウディ プロローグ コンセプト」からインスピレーションを得たデザインになるといわれています。

注目は「トラフィック ジャム パイロット」の搭載です。一定の条件を満たした場合、60km/h以下の渋滞時に、ドライバーが監視義務のない同一車線内の自動運転を行なうシステムで、フラッグシップセダン「A8」次期型への搭載も発表されています。

パワートレインは2リットル直列4気筒ターボチャージャー、4リットルV型8気筒ツインターボ、プラグインハイブリッドのほか、燃料電池車(FCV)も期待されます。

ワールドプレミアは2017年、9月のフランクフルトモーターショーが有力です。

(APOLLO)

見えた新デザイン!アウディA7次期型、自動運転「トラフィック ジャム パイロット」搭載か?(http://clicccar.com/2017/03/14/453049/)