飲み会や接待は、一流のリーダーがキラリと目を光らせている場です!

写真拡大

「お酒の場が苦手である」
「お酒が弱いので飲み会に行くのが億劫である」
「お酒が苦手なので接待に顔を出したくない」

 そんなふうに思っている人も少なくないでしょう。

 3月は送別会の時期。毎晩、お世話になった人や親しい人の送別会があり、街に繰り出すという人もいるかもしれませんね。

 以前と比べ、「接待」の数は減少傾向にありますが、とは言っても、皆さんのようなビジネスエリートの方々は、今でもなお「接待」が仕事の一部になっている人も多いのではないでしょうか。

 お酒に飲まれることなく、お酒を美しく嗜みたい――。

 一流のリーダーは、お酒とのつきあい方がとても上手です。そこで今回は、一流のリーダーの「接待マナー」に迫ってみたいと思います。

一流のリーダーたちは接待の場で
のんきに食事をしていられない

 一流のリーダーたちは、今でもなお「接待」の場で、ビジネス上の大事な決定が下されることが多く、のんきに食事をしてはいられません。

「接待」の目的は、相手にいい印象をもってもらうことや、相手と継続的な関係作りをしたいこと、などが主たるものであり、「美味しい食事を堪能したい」「お酒を楽しみたい」とは、言っていられません。

「接待」は、ビジネスの場なのです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)