ソニン、壮絶な過去の“しくじり”が「シャレにならない」と話題に

写真拡大

元EEJUMPのソニンが、3月13日に放送された『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系列、19:00〜21:48)に出演し、過去の壮絶な“しくじり”を告白。その内容が予想以上で、スタジオのみならず、ネット上でも「シャレにならない」と大きな話題を呼んでいた。

2000年に、つんく♂プロデュースのユニット“EEJUMP”でデビューした彼女。解散後はバラエティー番組などでも活躍し、現在は舞台を中心とした女優として活動しているが、実は仕事でキャパオーバーになり、3回も倒れ、時には病院に緊急搬送されたこともあったと打ち明ける。その原因は、人の指示がないと動けない“指示待ち人間”になっていたこと。上から出された指示に対し、自分で判断もせずに「はい、はい」と何でも受け入れ、それに応えようとところん努力してしまった結果、キャパオーバーになって倒れたという。同じように指示がないと動けない人の一般的な例として「上司の指示がないと何も仕事をしない新入社員」「母親に進路を決めてもらった何も考えない学生」「相方の指示で動いてきたので1人の現場だと何もできない芸人」などをあげ、今回は“指示待ち人間”になって人生の決断力を失わない為の授業を展開した。

まず第1章の「悲劇女ソニン 悲しEEJUMP〜指示待ち人間に訪れる地獄〜」では、16歳の時、テレビ東京の『ASAYAN』のオーディンを受け落選した話を。1次の書類審査は通ったものの、2次審査(会場での面接と歌唱審査)で落選。ソニンは「みんな細くてカワイイし、気合いの入れ方もハンパなかった……」と当時を振り返りながら「早々と落選した私は、すでに劣等感を覚えていた」と。その後、スタッフの目に留まり、3人組ユニットでデビューが決定。それがEEJUMPだった。

世間的には2人の印象が強いが、「実は元々3人組だったんです。1人は、人気アイドルの弟(当時13歳)、もう1人はサッカー少年(当時12歳)。人気アイドルを姉に持っている弟が注目の的で、私の名前は覚えてもらえないし、完全に添え物扱いだった」とソニン。当時の自分について「歌もダンスも見た目も全てが中途半端。地味で取り柄のない落ちこぼれ」と思うようになったという。それからは、ユニット活動においても「とにかく(事務所から)出された指示は全てやりきろう!」と、この時既に“指示待ち人間”人生がスタートしてしまったと思い返していた。

EEJUMPは、デビューに向け猛特訓の日々。一切休みなしで毎日猛レッスン、事務所でひたすら自己啓発本を読書、社会勉強として事務所の電話番や精算書の作成、寺に泊まり込みでの合宿生活(座禅修行)、過酷な富士登山など行ったとか。これに対し、教室からは「事務所にいわれるの?」と驚きの声もあがっていた。そして、ユニット結成から半年後、サッカー少年は「サッカーをやりたい」という理由で脱退し、残った2人でデビューが決定。デビューシングルから1億円をかけてもらいPV撮影も実施。事務所にも期待され、3rdシングル「おっととっと夏だぜ!」ではオリコンランキング最高5位に輝き、ファーストアルバムの発売も決定していたらしく、まさにこれからという時に、相方の不祥事によりEEJUMPは解散となった。

不祥事というのは、当時15歳だった人気アイドルの弟が、2002年4月12日に未成年でありながらキャバクラに入店。その様子が週刊誌に報じられ、わずか2年で解散。ソニンは「彼がこの不祥事を起こす前に事務所と衝突し、行方をくらました事件が一度ありました。彼だけ、半年間休業して、私だけが活動していた時期があったんですが、言われたことに対して応えようと必死で……。彼のフォローもしてあげられず、それは未だに後悔しています」と心境を明かしていた。