写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイドルグループ・嵐が、フジテレビ系大型音楽特番『2017FNSうたの春まつり』(22日19:00〜23:18)で、相葉雅紀主演の月9ドラマ『貴族探偵』(4月17日スタート)の主題歌「I'll be there」を初披露することが14日、明らかになった。

7カ月ぶりの新曲となる「I'll be there」は、嵐の2017年第1弾、通算51枚目のシングルで、4月19日発売予定。『貴族探偵』で、相葉は"推理しない名探偵"を演じており、そのミステリアスな世界観が楽曲に反映されているという。

『FNSうたの春まつり』では、トークゲストに『貴族探偵』から相葉、武井咲、滝藤賢一の3人のキャストが出演、司会の森高千里、渡部建、加藤綾子らと「好きな春うた、思い出の春うた」などを語り合う。

卒業式や花見など春の思い出のエピソードのほか、「月9ドラマヒストリー」と題して、30周年を迎える月9ドラマの歴史を映像と主題歌で振り返るコーナーも。また、「嵐フジテレビドラマ主題歌」特集では、歌とともに懐かしい映像も公開披露され、相葉はクランクインしたばかりの撮影秘話も披露する。

相葉は、月9といえばラブストーリーだと思っていたそうで、2年前に主演した『ようこそ、わが家へ』や『貴族探偵』に対して、思うところがあるようだ。

番組では他にも、全国の10代から70代に「あなたの心に残る春うたは?」というアンケートを実施し、1万5千通の回答から選んだ「春の名曲100選」を、貴重映像と共に紹介。さらに、恒例のサプライズ企画も放送される。