アニメ『TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-』の第21話『語りき生贄』を、場面カットとあらすじで振り返る!/(C)Jordan森杉 / TRICKSTER製作委員会

写真拡大

TOKYO MXほかで放送中のアニメ『TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-』(毎週月曜深夜1:05-1:35ほか)の第21話『語りき生贄』を、場面カットとあらすじで振り返る。

【写真を見る】第21話では、宮西が中村刑事によって射殺され、取り調べを受ける中村は、「二十面相の正体は明智だ」と証言。彼女は明智によって操られていた可能性があると判断される/(C)Jordan森杉 / TRICKSTER製作委員会

本作は、江戸川乱歩の小説「少年探偵団」を原案に、2030年代の東京を舞台にしたオリジナルアニメ。

謎の探偵・明智小五郎(CV.小野大輔)の下に集う「少年探偵団」。ある日、団員の花崎健介(CV.逢坂良太)は「死ねない身体」となった小林芳雄(CV.山下大輝)と出会い、少年探偵団へ誘う。やがて二人の運命が、怪人二十面相(CV.GACKT)と明智の因縁と絡み合いながら、動き出していく。

【第21話『語りき生贄』】

宮西が中村刑事によって射殺された。取り調べを受ける中村は、二十面相の正体は明智だと証言。彼女は明智によって操られていた可能性があると判断され、警察は明智探偵事務所を家宅捜索する。明智が二十面相のはずがないと花崎は抵抗し、井上もその根拠を問うが、警察は取り合ってくれない。少年探偵団は自分たちの非力さを思い知らされる。一方、追われる身となった明智は今回の一件に裏があると疑い、秘密裏に行動を開始する。

なお第22話『火にいる小虫』は、TOKYO MXでは3月13日(月)深夜1時5分より放送。読売テレビでは、3月13日(月)深夜2時9分から通常より10分繰り下げての放送となっているので注意しよう!