13日、中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報の胡錫進編集長は、国際クルーズ船で韓国・済州島に到着した中国人団体観光客約3400人が集団で下船を拒否したことについて、「愛国の情熱は称賛に値する」との見解を示した。資料写真。

写真拡大

2017年3月13日、韓国メディアによると、韓国の高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備に不満を抱いた中国当局による韓国観光中断措置の発表を受け、国際クルーズ船で韓国・済州島に到着した中国人団体観光客約3400人が11日、集団で下船を拒否するという異例の事態が起きた。中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報の胡錫進(ホー・シージン)編集長は13日、「単仁平」のペンネームで論評を執筆し、「事態の詳細は不明だが、韓国メディアの報道が正しければ」と断った上で、「クルーズ船上の中国人の愛国の情熱は称賛に値する。ボイコットの方法は文明的で、韓国世論に衝撃も与えた」との見解を示した。新浪財経が伝えた。

韓国メディアによると、中国の国家観光局は2日、北京の旅行会社を集めて開いた会議で、韓国旅行商品に対する全面的な販売中断を指示した。THAADの韓国配備に対する本格的な報復の一環とみられる。(翻訳・編集/柳川)