FC東京に新提案!大久保も救える、高萩の「有効活用プラン」

写真拡大

大久保嘉人が悩んでいる。約15年の現役生活において、ここまで苦しい時間を過ごしたことは決して多くないだろう。

悩める男もついに限界?

開幕節からここまで、彼に訪れた決定機は数えられる程しかなく、その限られたチャンスも全て逸失。3月11日に行われたガンバ大阪とのJ1第3節では、後半戦に訪れたPKのチャンスすら活かし切れずに3試合連続で無得点。試合終了後には、その込み上げる怒りを抑え切れず、自身のユニフォームをピッチに投げつけてそれを蹴る仕草をみせるなど、もはや我慢の限界にきているのかもしれない。

「万年優勝候補」と他クラブのサポーターから揶揄されることもあったFC東京。

その現状を打破するために迎えられた、日本人最高峰のストライカーのその背中は、今や“期待感”ではなく、“焦燥感”すら漂っているように感じる。

様々なメディアで取り上げられ、各方面でも議論を巻き起こした前述の“問題行動”には賛否両論あるが、彼がそのような行動に走ってしまったことに対し、いくらか理解を示す者は決して少なくないだろう。それ程までに、彼はFC東京のサッカーにおいて孤立しており、また、チームの歯車は噛み合いだす気配が一向に感じられない。

開幕節では前年の王者である鹿島アントラーズに完封勝利を飾り、第二節では大宮相手に2-0で勝利。2試合連続の完封ゲームをみせるなど、守備面では一定の手応えは感じられたが、一方の攻撃面は不振の一途。

ここまで、結果的にはゴールを奪えているが、チームで“崩した”というシーンはほとんど見られず、ロングボールでのシンプルなカウンターやセットプレー、はたまた個人のスキルで、なんとかゴールを重ねてきたのが正直なところだ。そして、その流れすら、先程の第3節ガンバ大阪戦で潰えた。終始、試合中に活路を見出せず、終わってみれば0-3での完敗。スコアだけ見れば、失点に目がいってしまうが、それ以上に、“攻撃のやり難さ”が随所に見られた試合であった。

郄萩 洋次郎
「最後のところでパスミスがあったり、選手間が合っていなかった。まだ今季は3試合目で、そこはまだまだ良くなっていくところだと思う。相手の守備ゾーンでもっとアイデアやコンビネーションを合わせていかないといけない。攻撃では距離を近くした方がいい場面と、スペースが空いていてゴール前に走る選手がいてもいい場面もある。そこを選手間で動きを合わせないといけない。攻撃のところはまだまだです」

大久保嘉人と同様に新加入組の目玉ある“韓国帰りの男”は、このように試合を振り返っていたが、その分析通り、選手間の“チグハグさ”が“攻撃のやり難さ”を生み、そして、その影響をストレートに受けてしまったのが、最前線に陣取る大久保嘉人であった。

果たしてこの事態を脱することはできるのだろうか。

きっと、篠田善之監督以下コーチ陣はもちろんのこと、選手達も各々様々な考えを持ち寄り、ミーティングや練習で模索を続けていることだろう。

「優勝を狙えるチームだったのにこのままではマズい・・・」

その焦りを現場はサポーター以上に強く感じているはずだ。

さて、繰り返しになるが、何か方策はないのだろうか。

今、彼らが攻撃面で抱える課題を解消するには様々なアプローチがあるとは思うが、筆者の見解としては「トップ下の確立」が一つの解決策であり、大久保嘉人が息を吹き返す要因にもなるのではないかと考えている。


前述で「トップ下の確立」と銘打ったが、おそらく、「既にトップ下には東慶悟がいるのでは?」と不思議に感じる方は少なくないだろう。だが、ここは「トップ下の確立」が必須であると繰り返したい、何故なら、「今のFC東京に求められるのは、東慶悟の個性とは違ったトップ下の存在である」という持論を持っているからだ。

諸悪の根源「ノッキング」を解消できるか?

現在、FC東京において、状態が悪くなった時に発生する代表的な現象に「ノッキング」というのものがある。聞き慣れない方に補足するならば、「ノッキング」というのは「攻撃をしている時に選手同士が同じポジションに重なる」、あるいは、「パスの出し手と受け手の意思が合わずに連携が取れないこと」を指す。さらに、平たい表現で言い換えるならば、「選手各々でやりたいことにズレがある」ということだ。

語弊がないように補足しておくと、当然、試合中、選手は与えられた戦術だけではなく、各々の知識と経験に基づいた考えで動いており、その中でやりたいプレー・やるべきプレーを取捨選択しながら動いているため、全員のベクトルが同じ方向に向くことはそう多いわけではない。だが、複数でそのベクトルを共有できた時には、組織的な崩しが生まれ、そして、それがゴールに繋がる。

逆に言えば、その共有がなければない程、攻撃には“チグハグさ”が見られてしまい、ゴールはどんどん遠くなる。まさに、今のFC東京の現状である。とりわけ、人が多く密集地になりやすい、FW、トップ下、ボランチのセンターラインで多発しており、効果的な縦パスが皆無であるというのが実情だ。

東慶悟

少し話が脱線したが、前述の東慶悟は、現体制でトップ下のレギュラーポジションを任されているため、本来であれば、このような問題が起こらぬように働くべき人材だ。しかし、正直、ここまでその期待に応えられていない。彼自身の動きやアイデア自体を否定する気はないが、その存在感は希薄であり、タイプやポジションこそ違うが、後半途中から起用される中島翔哉や前田遼一のほうが可能性を感じさせてくれるプレーは多いようにすら感じる。

果たして、このような問題が発生している状況で彼を起用し続けることに大きな意味があるのだろうか。ノッキングの解決法を見出せず、得点源である大久保嘉人を孤立させてしまっている現状を見る限りでは、少なくとも彼がこのチームのトップ下を務めることは得策ではないと思う。筆者自身、彼の能力は評価しているが、残念ながら、今の状況では適任ではない。彼よりも最も相応しい人材がいるのではないだろうか…。

逞しさを身に付けた「稀代のチャンスメーカー」を起用せよ

新戦力を含め、中盤には個性的なタレントが並んでいるが、唯一、このトップ下の位置で、解決策を見出すためのキーマンになり得ると感じさせてくれるのはこの男だ。前述で、ガンバ大阪戦との試合を分析していた、郄萩洋次郎である。

サンフレッチェ広島時代は、エレガントさや創造性を感じさせてくれる「ファンタジスタ系」であったが、FCソウルへの移籍を経て、逞しさが驚くほどにパワーアップ。競り合いにおける当りの強さや球際での激しさで、周囲からも頼りにされるプレーヤーへと進化した。ポジション変更により、元々の長所を殺してしまうタレントは無数に存在する。だが、彼の場合は、主戦場をボランチに変えた後でも、時折、バイタルエリアで顔を出した際には、巧みなボールキープを見せつつ、周囲の動き出しのタイミングを計りながらスルーパスを伺うなど、本来の持ち味も維持。様々な角度から見ても、その能力の高さは魅力に溢れている。

郄萩洋次郎

「最前線と中盤の底をリンクさせながら、試合のリズムを作り、時には決定機を演出する」

現在のFC東京におけるトップ下で、ノッキング問題を解消するだけではなく、今よりも良い攻撃の形を創出できる人材として、彼ほどの適任者はいないだろう。大きなテコ入れをせずに、窮地を脱するには、この小さなシステムチェンジが特効薬であると筆者は考えている。

彼をこのポジションで起用することにより、ボランチが一枚空くことは言うまでもないが、その点については、田邉草民と徳永悠平の使い分けで、大きな問題は起こらないのではないだろうか。「彼らが本職であるか?」と問われれば、疑問は残るかもしれないが、彼らのポリバレント性に賭けてみる価値は十分あるだろう。無論、不安がゼロではないが、今季大きな成長を見せようとしている橋本拳人がボランチの一角におり、DF陣は組織立った守備を見せている限り、大きく崩れることはないはずだ。そして、その不安を抱えるデメリットよりも、この配置展開により得られるメリットが大きいのではないかと判断した上での提案である。

沈みゆく男の復活もある

「サッカーゲームではあるまいし、郄萩洋次郎をトップ下に置いたところで、そんな小さなシステムチェンジだけで問題は解決しない」と反論はあるかもしれないが、是非、篠田善之監督がどこかで試す機会を持って欲しいと切に願っている。そして、彼が攻撃面でのキーマンとなり得れば、五里霧中を行く、大久保嘉人にも復活の兆しが訪れると信じている。

大久保嘉人

近年の川崎フロンターレでの印象から「ディフェンスラインとの駆け引き」や「裏へ抜ける動き」が得意であると勘違いされがちだが、本来の大久保嘉人は違う。あくまでも、相手選手が嫌なところに顔を出しながらボールを触り、周囲とのパス交換やリズムチェンジで好機を伺うことを好み、一本調子の攻撃パターンを嫌うタイプだ。そして、そのような特性を見ても、郄萩洋次郎が彼の近くでプレーするメリットは思っている以上に大きいはずだ。この二人が、バイタルエリアにおいて、同じベクトルを向くための時間が作りやすい環境を与えられれば、相手チームにとってはそれは怖さを与えることに繋がり、自然とチームには決定機の創出機会が増えるはずだ。

大きくスタイルを変更することや新たなフォーメーションを採用することも解決策の一つであり、そのアイデアを練ることはサッカーの魅力である。だが、それと同時に、小さな変化が大きな変化を生み出す可能性をもっていることも忘れてはならない。それもまたサッカーの魅力であると言えまいか。