KangNam、日本語を忘れ始めた?タイラー・ラッシュとの共通点にスタジオ爆笑

写真拡大

英語ができないタイラー・ラッシュと日本語ができないKangNam(カンナム)。「脳セク時代」のスタジオが笑いに包まれた。

韓国で12日に放送されたtvN「脳セク時代」でKangNamは母国語である日本語の難しさを打ち明けた。

いつの間にか日本語に慣れなくなったというKangNamの話を聞き、出演者たちは第2のタイラー・ラッシュだと話した。タイラー・ラッシュも英語に対する難しさを吐露したことがあるという。

2人の共通点は韓国語に強いということだ。特にタイラー・ラッシュは視聴者が出題したハングルの問題を当て、実力をアピールした。

チョン・ヒョンムは「タイラーはハングルの問題を全部解いている」と驚いた。