俳優リュ・スンス「二重まぶたにする手術、20年間悩み続けている」

写真拡大

俳優リュ・スンスが20年間二重まぶたにする手術について悩んだと打ち明けた。

12日、JTBC「キム・ジェドンのTALK TO YOU、心配しないであなた」には俳優リュ・スンスが出演した。同日の番組では二重まぶたにする手術について悩んでいる便りが紹介された。

これにリュ・スンスも「僕も20年前から今まで悩んでいる」とし「目がもう少し大きくなれば俳優として成功できるのではないかと思った」と打ち明けた。

リュ・スンスは「映画の撮影で死んでいるシーンがあったが、できるだけ目を開けたまま死ぬべきシーンだった。そこで監督が『目をもう少し大きく開けることはできないか』と質問した。実は、僕にとっては最も大きく開けた目だった。俳優は目で演技するというが、発散できる穴が小さいわけなので今も20年前の悩みを持っている」と打ち明けた。