12日、タレントや政治家など世界の有名人を集めたろう人形館が遼寧省瀋陽市に新たに誕生し、見るも無残な人形たちがネット上で話題だ。

写真拡大

2017年3月12日、タレントや政治家など世界の有名人を集めたろう人形館が遼寧省瀋陽市に新たに誕生し、見るも無残な人形たちがネット上で話題だ。捜狐が伝えた。

【その他の写真】

ここ数年、中国ではろう人形ブームが到来。マンションのモデルルームの客寄せに置かれたりするケースが多いが、いかにも急場の用に間に合わせるよう作ったような驚くべきレベルの低さがたびたび話題になり、「呪いの人形」「トラウマになる」などと、ネットユーザーも面白がって取り上げている。

このほど、遼寧省瀋陽市に新たに誕生したろう人形館が注目を浴びている。陳列されている人形は、ジャッキー・チェン(成龍)や女優ファン・ビンビン(范冰冰)、アンジェリーナ・ジョリー、実業家のジャック・マー(馬雲)氏などといった顔ぶれ。一部のネットユーザーからは、「これはもう中国風の抽象芸術とでも思えばいい」といった声も上がっている。

ダメ出しの嵐の中で、一体だけネットユーザーも納得の人形がある。それがドナルド・トランプ米大統領のろう人形で、「ポーズも決まっている」「表情がいい」など好評だ。(翻訳・編集/Mathilda)