【劇場版】嘆きの王冠/ホロウ・クラウン

写真拡大

ウィリアム・シェイクスピアによる英国の王冠をめぐる壮大な争いを、英BBCが2012年より映像化した一大プロジェクトが、『【劇場版】嘆きの王冠 〜ホロウ・クラウン〜』として劇場公開される。すでに発表されていた4月8日(土)〜シネ・リーブル梅田の先行上映、6月17日(土)〜ヒューマントラストシネマ渋谷に加えて、発表後に期待の声が多く寄せられたため急遽、名古屋の名演小劇場でも7月8日(土)からの公開が決定! 

7つのエピソードから成るこの歴史大作が取り上げるのは、リチャード二世、ヘンリー四世、ヘンリー五世、ヘンリー六世、リチャード三世の時代。そして、ベネディクト・カンバーバッチ、ベン・ウィショー、トム・ヒドルストン、ジェレミー・アイアンズ、ジュディ・デンチ、パトリック・スチュワート、ジョン・ハート、ジュリー・ウォルターズ、アンドリュー・スコットといった、人気・実力ともに高い英国俳優たちが出演し、重厚な歴史ドラマを繰り広げる。

また、名古屋公演決定を記念して解禁となったティザー予告編では最近ヒーロー役が多いベネディクトがアンチ・ヒーローで邪悪な王に挑むリチャード三世、先週末から全米公開が始まり大ヒットスタートを記録している『キングコング:髑髏島の巨神』に主演するトムが演じるヘンリー五世、本作で英国アカデミー賞テレビ部門主演男優賞を受賞したベン演じるリチャード二世など、見応えあるシーンが垣間見られる。この映像は当サイトの編集部トピックス&動画/突撃レポートに掲載されているのでお見逃しなく!

劇場版『嘆きの王冠/ホロウ・クラウン』は4月8日(土)からシネ・リーブル梅田にて先行上映、6月17日(土)からヒューマントラストシネマ渋谷、7月8日(土)から名古屋の名演小劇場にて公開。(海外ドラマNAVI)