ユーザーがプロデューサーとなり、南の島でアイドルを一流のスターに育て上げる、オンラインカードゲーム「アイドルフェスティバル★サンシャインマスターズ★」(DMMGAMES)の発表記者会見が行われた。なおゲーム名”サンシャインマスターズ”に因み、フォトセッションは閉館後の”サンシャイン水族館”で行われた。

現在活躍中のグラビアアイドルを中心に35名以上のランナップから、好きなユニットを組み、アイドルの頂点を目指す。ナビゲーター兼プロデューサーの秘書役として、森下悠里がいろいろ指南してくれる。会見当日は森下をはじめ、人気グラビアアイドル計10名(岸明日香、星名美津紀、浜田翔子、鈴木ふみ奈、村上友梨、忍野さら、橘花凛、和地つかさ、石原佑里子)が、お揃いのスペシャルビキニ姿で登場。会見場は一気に華やかに。

それぞれユニークな自己紹介を行い、石原佑里子、星名美津紀、忍野さらの現役女子大生グラドル3人娘が共演したシーンはグラドルファンとしては垂涎の一幕。森下は「最年長で出させてもらってます♡。12年目なんですよ。でも翔子ちゃん(浜田)のほうが芸歴長いので(笑)。翔子ちゃんが現役グラドルでDVDの発売枚数がNo.1(52枚)の”DVDクイーン”なんですよ。私が45枚で2位なんです。ゲーム内ではプレイヤーのみなさんのアドバイスをするポジションです。メガネ掛けて頑張ってます」と、グラビア界の興味深い芸歴にも触れた。その浜田は「”いつ売れるんだ”と言われてます。」と恐縮。さらに「最近バストが大きくなったんですけど、みなさんの前では言いにくい…」とこちらも遠慮がちなアピール。その分イジられキャラは健在で、結局かなりおいしいところを持って行っていた。

ゲームの撮影で沖縄に行ったメンバーと、行ってないメンバーがいることを知った浜田。「私は都内で…」と差を付けられたようだが、行った組の岸、鈴木、星名に「どんな撮影場所がありました?オフショットをどこかで撮ったとか?」と質問が飛ぶと、岸が「海とかやんな?あとどこやったっけ?海と海?、あとはー、海?」と関西弁でほんわか答え、「海ばっかりやないか!」とキレイなツッコミを受けていた。結局「ビーチバレーしました」と、やっぱり海での撮影だったようだ。

「アイドルフェスティバル★サンシャインマスターズ★」のサービス開始は2017年4月末〜5月上旬の予定。すでにDMM各フロアで事前登録が始まっている。今登録するともれなく沖縄で撮影された豪華グラビアアイドル8人の集合カードがもらえるとのこと。是非この春は「アイドルフェスティバル」でアイドルNo.1を目指そう。