foop Lite

アドトロンテクノロジー株式会社は、IoT水耕栽培機「foop」の新製品3モデルを発売すると発表した。同製品は、スマートフォン連動型のIoT水耕栽培機。野菜の栽培状況を専用アプリで確認することが可能で、野菜ごとの育成(レシピ)機能により、エアーポンプやLED照明、ファンの強弱の調整、クラウドなどを通じて野菜栽培を支援する。

今回発売したのは、ベーシックモデルの「foop Lite」と、側面パネルに日本の伝統工芸(漆、西陣織、鹿革)を採用したコラボモデル「foop Premium」、研究機関・企業向けハイエンドモデル「foop Pro」の3モデル。

同時に、専用アプリおよび本体ファームウェアもアップデートし、機能拡張を行った。追加された新機能は、朝と夜の時間に合わせてLEDライトの明るさを自動制御する「サンライズ・サンセット機能」、「気温・天気レポート機能」、地域や季節に応じた栽培のアドバイスを行う「レシピアドバイス機能」、「お客さまサポート機能」、「foop専用カメラフレームアプリ」、「foop間コラボレーション機能」など。

foop Premium

foop Pro

foop
価格:38500円(foop Liteの税抜価格、発売キャンペーン価格は32800円)
URL:https://foop.cestec.jp/
2017/03/13