ダイアナ妃の恋人、ジェームズ・ヒューイット氏
(Sunday Nightの動画より)

元騎兵連隊将校のジェームズ・ヒューイット(58)という男性が今、英国中の注目を集めている。「ハリー王子の本当の父親ではないか」と噂されているのだ。

ヒューイット氏はテレビ番組「Sunday Night」に出演。「あなたはハリーの父親ですか?」という直球の質問に対し、「ない。あり得ない」と一刀両断し、ハリー王子の生物学的父親である可能性を否定した。しかし、故ダイアナ妃も生前に認めていた不倫関係について改めて口を開いた。

1986年、ヒューイット氏は故ダイアナ皇太子妃の乗馬のインストラクターに任ぜられた。二人が道ならぬ恋に落ちたのはその直後だったという。その頃、すでに皇太子夫妻の仲は冷え切っていた。チャールズ皇太子は現夫人のカミラとの交際を公然と再開し、ダイアナ妃の待つケンジントン宮殿へ帰ることはほとんどなかった。ダイアナ妃はデヴォンにあるヒューイット氏の農場に通い、逢瀬を重ねていた。

「僕が料理をして、彼女が食器を洗うんだ。夕食の時間はとてもなごやかで、笑いが絶えなかったよ」とヒューイット氏は約30年前の不倫の恋を振り返る。

二人の関係は5年に渡り続いたが、子どもをもうけることはなかった。ダイアナ妃の元執事ポール・バレルも、二人が会ったのはハリー王子が幼児になってからだったと証言している。

1991年、ヒューイット氏が湾岸戦争に従軍したのをきっかけに関係は終了。翌年にはチャールズ皇太子とダイアナ妃は別居し、1996年に離婚が成立した。ダイアナ妃が非業の死を遂げるのはその1年後だ。

ヒューイット氏は今も未婚で子どももおらず、ダイアナ妃の思い出が詰まった農場の家で母親と暮らしているという。