UQコミュニケーションズ、WiMAX 2+の屋外基地局が3万局を突破と発表!4x4 MIMOとCAによる下り最大440Mbpsのエリアを全国へ拡大中

UQのWiMAX 2+の屋外基地局が3万!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)が2017年2月28日に高速通信サービス「WiMAX 2+」を提供する屋外基地局数が全国累計3万局に達したと発表しています。

同社では現在、屋外ならびに屋内のエリアにおいてWiMAX 2+基地局を建設し、4×4 MIMOとキャリアアグリゲーション(CA)によって下り最大440Mbpsの高速通信が可能となるエリアを全国へ順次拡大しています。

また上りについてもCAと変調方式「64QAM」によって通信速度が従来の上り最大10Mbpsから上り最大30Mbpsに向上しています。

02

UQのWiMAX 2+はTD-LTE互換としてauのiPhone 6やiPhone 6 Plus以降のiPhoneシリーズでも使われている一方、独自の通信サービスも提供しています。今回、これらで利用している屋外基地局が30000局を突破したとのこと。

これまでにWiMAX 2+の屋外基地局は2014年9月時点で10000局、2015年2月時点で20000局を突破しており、順調に基地局数も増加してきています。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
WiMAX 2+の屋外基地局数が30,000局を達成 | UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+