1989年に登場した初代スバルレガシィにより、従来のライトバンからステーションワゴンへと進化し、90年代に日本国内ではステーションワゴンブームが巻き起こりました。

一時のブームは落ち着きましたが、現在でも低重心により走行中の振動が少ないことや、広いラゲージスペースによる積載量の大きさから、ステーションワゴンは支持されています。今回は、国産・輸入車の最新ステーションワゴン5車種を紹介しましょう。

■ボルボ・V90

1

最もフレッシュなモデルが2017年2月に販売開始したボルボV90です。V90は日本国内において約19年振りに復活したフラッグシップモデル。2016年に登場したボルボXC90に初採用された新世代プラットフォームの「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー(SPA)を使用した美しいスタイリングが特徴です。

電動開閉式のリアゲートを採用したラゲージスペース容量は5人乗車時で560L。60:40の分割可倒式のリアシートを倒せば最大1526Lまで拡大します。また、ラゲージに搭載した荷物を固定するグロサリーバッグ・ホルダーも装備しています。

ボルボV90には、前走車がなくても車線維持走行が可能なパイロット・アシストをはじめ、インテリセーフと呼ばれる15種類以上の先進安全技術を標準装備しています。車両本体価格は2L直4ターボエンジンを搭載したT5モメンタムの664万円から、2L直4ターボ+スーパーチャージャーエンジンを搭載したPHVのT8ツインエンジンAWDインスクリプションは899万円です。

■メルセデス・ベンツEクラスワゴン

2016年11月にフルモデルチェンジを行ったメルセデス・ベンツEクラスワゴンは、これまでの5世代にわたって世界で累計100万台以上販売された、プレミアムステーションンワゴンセグメントで頂点に立ってきたモデルです。

リアバンパーの下側に足を近づけることでリアゲートを開閉できるフットトランクオープナーを全車に標準装備。フラットなフロアが特徴のラゲージルームは、5人乗車時で640Lの容量を確保。40:20:40の分割可倒式リアシートを倒せば最大1820Lという広大なスペースが出現します。

エンジンはE220、E250に搭載する2L直4ターボをはじめ、E220dの2L直4ディーゼルターボ、E400 4マチックの3.5LV6ツインターボ、AMG E43 4マチックに搭載する3LV6ツインターボの4種類を用意しています。

安全装備は混雑時や高速道路での渋滞の際に自動運転を行い、ドライバーにかかる負担を大きく軽減する「ドライブパイロット」をはじめとしたインテリジェントドライブを装備。車両本体価格は712万円〜1186万円となっています。

■プジョー・308SW

2014年に販売開始した現行型のプジョー308SWは新開発のシャシーを採用し、約70kgの軽量化による軽快な走りが特徴です。2016 年7月にはプジョー308SWに1.6Lディーゼルターボと2Lディーゼルターボエンジンが追加されラインアップが充実しています。

ラゲージフックレールと呼ばれる2本のアルミ製のレールがフロアに装備された308SWのラゲージルーム。容量は5人乗車時で610L、6:4の分割可倒式リアシートを倒せば最大1660Lという広大なスペースとなります。

搭載されるエンジンは1.2L直3DOHCターボをはじめ、1.6L直4SOHCディーゼルターボと2L直4DOHCディーゼルターボの3種類で、ミッションは全車6速ATが組み合わされます。車両本体価格は303万8000円〜378万8000円です。

■スバル・レヴォーグ

輸入車ステーションンワゴンに押され気味ですが、国産メーカーにも実力派のモデルは存在します。まずはスバル・レヴォーグです。日本にステーションワゴンブームを起こしたレガシィツーリングワゴンをルーツとするレヴォーグは2014年4月に登場しました。

ラゲージ容量は5人乗車時で522Lを確保し、さらにフロア下の大型のサブトランクは最大33Lの容量を誇ります。6:4分割可倒式のリアシートを倒せば、荷室のフロア長は1632mmとなり、長尺モノも搭載可能となります。

エンジンは1.6L水平対向4気筒ターボと2L水平対向4気筒ターボの2種類で、全車ミッションはCVTが組み合わされ、ワークスブランドSTIのパーツを装着したスポーティグレードを設定しているのが特徴です。安全装備のアイサイトVer.3を全モデルで標準装備したレヴォーグの車両本体価格は277万5600円〜394万2000円となっています。

■ホンダ・シャトル

2015年4月に登場したホンダ・シャトルはコンパクトカーの人気モデルフィットをベースとしたステーションンワゴン。ホンダ独自のセンタータンクレイアウトを採用し、全長4.4mのボディながら広い室内空間、大きな荷室を実現しています。

ラゲージ容量は5人乗車時で570L、6:4分割可倒式のリアシートを倒せば、最大荷室長は約184cm。最大容量1141Lの大きな空間が出現します。大きな荷物も積みやすいように、地上から荷室の開口部まで54cmと低く設定されているのが特徴です。

搭載されるパワーユニットは1.5L直4エンジンと1.5L直4ガソリンエンジン+モーターを組み合わせたスポーツハイブリッドi-DCDと呼ばれるシステムです。JC08モード燃費はガソリン車が21.8km/L、ハイブリッド車が34.0km/L(ともに2WD車)を実現しています。車両本体価格は169万5000円〜255万7000円で、ハイブリッド車にも4WDを用意しています。

(萩原文博)

広い室内スペースが魅力! 国産&輸入車の最新ステーションワゴン5車種【2017年版】(http://clicccar.com/2017/03/13/451895/)