写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●銀世界のPRO TREK MANASLU
3月1日〜2日、東京都内の会場にて、カシオの2017春夏・時計新製品発表会が行われた。ここでは、「PRO TREK」「OCEANUS」「EDIFICE」、3ブランドのニューアイテムを一気にご紹介しよう。

なお、新モジュール「Connectedエンジン 3-way」は、将来的に、これらのブランドにも投入されていく予定とのこと。今後も含めて、ますます目が離せなくなりそうだ(掲載した写真はすべて、クリックで拡大表示。掲載価格はすべて税別)。

○世界限定300本! 銀世界のマナスル

本格派アウトドアウオッチ「PRO TREK」。そのシリーズ最上位ライン「MANASLU(マナスル)」に、世界限定わずか300本のプレミアムモデル「PRX-8000MT-7JR」が登場。ベースモデルは最新のMANASLU「PRX-8000T」。ケースとバンドには、軽量かつ高い耐久性を誇る64チタンを採用。鏡面仕上げのベゼルからプッシュボタン、りゅうずに至るまで、すべてをシルバーで統一。雪山の銀世界を表現した。

よく見ると、秒針先端の形状も新しくなっており、マップ上でルートマーキングに使用される赤を配色(先端は白)。視認性を高めている。電波時計やタフソーラー、針位置自動補正機能、内面無反射コーティングサファイヤガラス風防など、仕様や機能はベースモデルに準じる。価格は17万円で、5月発売。

○アウトドアウオッチはシックなデザインへ。アースカラーのPRW-7000

ワイドフェイスによる視認性の高さと、高機能レトログラードで好評のコンビモデル「PRW-7000」に新色「Earth Color」が登場。バンドとベゼルのカラーがグリーン/グレーの「PRW-7000-3JF」、グレー/ブラックの「PRW-7000-8JF」だ。

アウトドアに馴染むアースカラーのバンドとケース(SS部の着色はIP処理)に、ホワイトの時針、分針、秒針、レトログラード針を採用。現在時刻をひとめで確認できる。

電波時計やタフソーラー、針位置自動補正機能、内面無反射コーティングサファイヤガラス風防、水辺にも強い20気圧防水など、仕様や機能はベースモデルに準じる。価格は両モデルとも8万2,000円で、5月発売。

●「OCEANUS」には爽やかな新作
○OCEANUSのクラシックラインに、爽やかなトリコロールモデル

ブランドコンセプト「Elegance, Technology」を象徴する高品質と、流行に左右されないシンプルなデザイン、オーソドックスな機能を持つOCEANUSの「Classic Line」シリーズ。今回は定番の「OCW-T2600」に、夏らしいマリンカラーのトリコロールモデル「OCW-T2610C-7AJF」が登場。

ベゼルにOCEANUSブルーのIP処理を施し、文字板をホワイト、秒針やデシマルメーター上にレッドを配色している。電波時計やタフソーラー、デュアルダイヤルワールドタイム、針位置自動補正機能、両面無反射コーティングサファイヤガラス風防など、仕様や機能はベースモデルに準じる。価格は11万円で、6月発売。

●スマホ連携「EDIFICE」に新しいバリエーション
○EDIFICEのスマホ連携モデル、一番人気の「EQB-500」に新バリエーション

Bluetoothと専用アプリ「CASIO WATCH+」でスマホと連携するモバイルリンク機能内蔵フルメタルウオッチとして大ヒットした「EQB-500」。実に2014年の登場ながら今でもシリーズ一番人気を誇るこのモデルに、新たなバリエーションが登場する。

ケースとバンドにブラックIPを使用、差し色に赤を使った「EQB-501DC-1AJF」が5万円、ブルーIPベゼルとブルーの文字板が目を引く「EQB-501DB-2AJF」が4万3,000円、初期型を思わせるシルバーモデル「EQB-501D-1AJF」が4万円、レザーバンドの「EQB-501L-1AJF」が3万8,000という4機種で、発売は5月。

型番が「500」から「501」へと変更されたのに伴い、対応スマートフォンがOSのバージョンベースへと変更された(従来は個別の機種)。今回のEQB-501では、iOS 10以降とAndroid 6.0以降に対応する。ちなみに、EQB-500ではスマホとの自動接続が1日1回だったが、EQB-501は1日4回、自動接続を行う。

また、EQB-500の基本デザインをほぼそのままに、スピードインジケーターのデザインをリニューアルして、ベゼルにタキメーターを追加した「EQB-501XDB」と「EQB-501XD」もラインナップ。

ベゼルにブラックIPを施した「EQB-501XDB-1AJF」は4万3,000円。ブラックの文字板にレッドの差し色を使用した「EQB-501XD-1AJF」は4万円で、ともに3月発売。

F1のレーシングコンストラクター「スクーデリア・トロ・ロッソ」とコラボした限定モデルも展示されていた。エイジド加工されたベゼルやCORDURARファブリックを採用した革/クロスバンドが特別感をアピールする限定モデルだ。型番は「EQB-501TRC-1AJR」。価格は5万3,000円で、3月発売。

(青木淳一)