男性とは、女性が思っているほど強くはなく、とても繊細で傷つきやすいもの。そして、見えてこないデリケートさにため、どういった言葉や行動で傷ついているのか、とても分かりづらいものなのです。

それは、親しくなればなるほど見えにくく、あなたが気づいたときには、相手は“ドン引きしていた”ってことにもなりかねません。

また、ドン引きは別れを示唆します。

そのようなことにならない為にも、未然に防ぐことが大切。

そこで今回は、男性が実はドン引きしている、彼女の「重い」言動をご紹介しましょう。

 

■「今どこ?」

カップルにとって、相手が「今どこで何しているのか?」とても気になるところです。

しかし、「今どこにいるの?」と行き過ぎた確認は、男性に「自分は信頼されていない」「疑われている」といった、逆効果としてとられてしまうのです。

さらにいえば、この行き過ぎた確認行為は、女性自身の“自信のなさ”まで強調させる行動となってしまいます。

相手のことを疑うのではなく、まずは信じてあげることからはじめてみましょう。

 

■汚い言葉

どんなに大好きな彼の前で着飾っていても、素というものはふとした瞬間にでてしまうもの。

楽しいとき、何か上手くいったとき、失敗したときなどに突然現れてしまうです。

「めんどくせぇ」「うぜぇ」「死ねっ!」

こんな言葉を聞いた男性は、間違いなくあなたの本性は「これか!」と受け止めてしまうでしょう。

つい汚い自分がでてしまわないように、日頃から汚い言葉を使わないように心がけることが大切です。

 

■チェックしたがる

何かと彼の動きをチャックしたがる女性も、ドン引きされます。

「携帯電話」「車のナビの履歴」「インターネットの履歴」まで……。

確実にこれらをされて、喜べる男性はいないでしょう。

心配になってしまう気持ちもわかりますが、これは自分の信頼に傷をつけてしまう行為でしかありません。

彼にドン引きされるまえに、チェックし過ぎていないか、改めてみましょう。

 

■駆け引きをする

カップルには駆け引きなどいらないでしょう。

彼の気を引こうとするあまり、わざとLINEの返信を遅れさせたり、他の男性の影をチラつかせたりする行為は、間違いなく自分をマイナスにさせるだけです。

一歩譲って、付き合う前なら効果的なテクニックといえるでしょう。しかし、カップルとなってからは信頼を失う行為。

彼にドン引きされないように、相手を試すような行為はやめておきましょう。

 

いかがでしたか? 男性のドン引きとは、女性が自分の不安を埋めようとするあまり起こっていることです。

そのため、無意識にやってしまうことも多く、案外気づきにくいものでもあるのです。

今回ご紹介した「重い」言動を参考に、「自分もついついしていないか?」チェックしてみましょう。(恋愛占い師 そら)

【画像】

※ nd3000/shutterstock

【関連記事】

※ それじゃ結婚できないかも…「売れ残り女子」になっちゃうNG行動

※ ヤりたいだけ?デート中に「カラダ目当て」かどうかを見抜く方法

※ 本当に彼でいいの…?結婚したらダメな男子の特徴

※ うわっ…マジかよ!実は全くモテない「バッグの中身」4つ

※ ご無沙汰なときにも。彼氏を可愛らしくベッドに誘うテク

※ むぎゅ♡男性が彼女を「強く抱きしめたくなる」瞬間