YGから最年少ボーイズグループ誕生!メンバーは15歳から17歳で構成

写真拡大 (全2枚)

YG ENTERTAINMENTが、BIGBANG、WINNER、iKONに続き、新しいボーイズグループを披露する。その中心にはSBS「K-POPスター2」の準優勝者パン・イェダムがいる。

13日、OSENとの単独取材により、YG ENTERTAINMENTは15〜17歳のメンバーで構成されたボーイズグループのデビューを準備していることが分かった。YG ENTERTAINMENT最年少ボーイズグループとなり、7月頃のデビューを目指している。

2013年「K-POPスター2」で楽童ミュージシャンに続き準優勝に輝いたパン・イェダムが、数年間のトレーニングを経てデビューの機会を勝ち取った。外部には徹底的に隠され練習に集中し、新たにデビューするグループのメインボーカルとなる。

YG内部の事情に精通している関係者は「YGでデビューしたBIGBANG、WINNER、iKONの平均年齢が20代前半だったことに比べると、新しいボーイズグループは15〜17歳という破格の構成だ。年齢は低いが、練習期間が4〜5年以上である上、ヤン・ヒョンソク代表の厳しい検証基準を通過しただけに、実力に太鼓判を押されたベテランなのだ」と説明した。

OSENが関係者から入手した写真でパン・イェダムは、立派な中学生に成長している。身長も170cmに至るほど大きく成長しており、YG ENTERTAINMENT特有の雰囲気を漂わせている。文字通り“正しい成長”なのだ。

「K-POPスター2」出演当時、パン・イェダムは12歳だった。しかし、ジャスティン・ビーバーの「Baby」、スティーヴィー・ワンダーの「Sir Duke」、カルチャー・クラブの「Karma Chameleon」、マイケル・ジャクソンの「Black or White」などを彼特有の美声で歌い、素晴らしいダンスの実力まで見せつけ、人々の視線を奪った。

SM、YG、JYPの3人の審査委員ともにパン・イェダムの魅力にすっかりハマり、視聴者も絶対的な支持を送った。こうしてパン・イェダムは楽童ミュージシャンに次いで準優勝に輝き、YG ENTERTAINMENTと専属契約を結んだ。その後、専門的なトレーニングを経て、“原石”パン・イェダムは“YGの宝物”へと成長を遂げた。

その努力に光の当たる時期が、今年の夏になりそうだ。YG ENTERTAINMENTは、4〜6月の期間はiKON、WINNER、BLACKPINK、SECHSKIESのカムバックに集中する予定であり、2017年下半期の第1走者としてパン・イェダムが所属する新人ボーイズグループを出撃させるとみられる。

YG ENTERTAINMENTの2017年も、多忙を極めそうだ。