11日、アイスホッケー・アジアリーグのチャイナドラゴン(中国)対デミョンキラーホエールズ(韓国)の試合で、韓国人選手から悪質なタックルを受けたチャイナドラゴンのジャン・チェンがこの韓国人選手に殴りかかり、試合が中断する騒ぎがあった。資料写真。

写真拡大

2017年3月11日、中国・北京で行われたアイスホッケー・アジアリーグのチャイナドラゴン(中国)対デミョンキラーホエールズ(韓国)の試合で、韓国人選手から悪質なタックルを受けたチャイナドラゴンの張●(ジャン・チェン、●は金へんに成、22)がこの韓国人選手に殴りかかり、試合が中断する騒ぎがあった。騰訊体育が伝えた。

張は2014年にも韓国チームとの試合で、韓国人選手の悪質な反則に怒り、十数発のパンチを浴びせている。(翻訳・編集/柳川)