写真提供:マイナビニュース

写真拡大

埼玉大学 大学院理工学研究科の辻俊明研究室は、ARゴーグル(ヘッドマウントディスプレイ/HMD)を用いて力の情報を可視化した調理支援システムを開発した。

同システムは、力の感覚がわかりづらい日常作業である調理を、力センサやRGBDカメラ、ARゴーグルを用いて微妙な力加減などを可視化し、利用者に視覚的に伝えるもの。まな板と包丁にかかる力を計算して、実画像に重ねて表示することで目に見えない力を可視化する。ヘッドマウントディスプレイで表示しているため、調理している最中に視点を変更することなく、そのまま実画像に重ねて見ることができるのが利点となる。

利用シーンとしては、リハビリ支援ツールとして麻痺者が腕の感覚を取り戻したい場合、あるいは、日常では調理の初心者で上手な切り方の感覚がわからない人の練習などを想定している。なお、今後の展開としては、介護施設等で実際に使用してもらうことで、その効果を検証していく予定とのこと。

(杉浦志保)