金正男氏

マレーシア当局が、同国のクアラルンプール国際空港で殺害された北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏の遺体について、遺族への引き渡し期限を2〜3週間以内と決めたもようだ。

スブラマニアム保健相は13日、記者団に対し、「(正男氏には)妻と子どもがいる。遺体の身元が確認されたため、妻や子が遺体の引き渡しを求めてくることを期待する」と表明。そのうえで「われわれはこの問題が2〜3週のうちに解決されることを願っている」と述べた。

遺族からの要求がない場合、政府内で協議して遺体の扱いを決めるという。

マレーシア側はこれまで、正男氏の2番目の妻イ・ヘギョン氏と息子のハンソル氏、娘のソリ氏らを念頭に、遺体を遺族に引き渡す意向を持っていたと見られる。しかし今後も意思表明がなければ、別の遺族に引き渡す可能性も排除できない。

正男氏は故金正日総書記の長男であり、三男で異母弟の金正恩党委員長や異母妹の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党副部長も遺族ということができる。