the pillows山中さわおが語る、新作『NOOK IN THE BRAIN』制作の背景

写真拡大 (全2枚)

オルタナティヴ・ロックの要素を盛り込んだニューアルバム『NOOK IN THE BRAIN』が完成したthe pillows。

昨年のツアー中に作ったという収録曲には、ソングライティングを手掛けた山中さわおのこだわりが詰まった内容になっている。

-NOOKという単語の意味がわからなくて調べたんですが、『NOOK IN THE BRAIN』でデ召龍っこイ澆燭い憤嫐なんですね。このタイトルに決めた理由を教えて下さい。

『NOOK IN THE BRAIN』の収録曲は前回のツアー中に作っていて、いろんな街のホテルで書いていたんです。僕はいまだに曲を作ることが好きなので、たくさん曲を作ります。そのときは無作為に作っていて、曲として全体をまとめるようなつもりもなく、極論を言えばピロウズのアルバムを作ろうというわけでもなくて。〆切りがあるわけでも、時間に追われているわけでもないので、ツアー中にとにかくたくさん曲を作りました。その時の自分がどういう傾向にあるかとか、分析する必要もないので、好きなように書いていくんです。その後、気に入ったものやこれは大事な曲になるなって何となく感じるものを選別して、ほんの少しだけ傾向やテーマは何だろうと、俯瞰から見て考えるんですね。それで今回は『王様になれ』、『パーフェクト・アイディア』、『ジェラニエ』などが、歌詞でいえば核になるテーマだなと思ったんです。

-そうして見えたテーマとは?

『王様になれ』が一番わかりやすいんですけど、自分を楽しくする方法を考えると、年齢や環境、状況によっていろいろなパターンがあると思うんですが、僕の年齢になると、本人の自力の努力では解決できないことが出て来るんですよね。例えば、時間は必ず経過して、生き物は必ず年を取って死んでいく。それは自分が努力をしても抗えることではない。僕はそんな自力でどうこうできないことで憂鬱に取り憑かれているのは、時間がとてももったいないと思ったんです。だから自力で解決できないことに関してのみ、現実逃避をしたほうがいいと思いました。そして、そんな時に自分を支配しているであろう脳みその隅っこには、まだ一度も開いたことがない引きだしみたいなものがいくつかあって、その中には、自分をハッピーにしてくれるアイデアがあるんではないか--そんな希望と哲学みたいなものを基本に、今回はたくさんの歌詞を書いたんだなと気がつきました。

-『王様になれ』の歌詞は、確かに『NOOK IN THE BRAIN』という歌詞と共通する部分があるなと思いました。

だから最初は『王様になれ』ってタイトルのアルバムにしようと思ったんです。でも配信シングルとして先にリリースされることになったので、シングルとアルバムタイトルが一緒なのは気持ちが悪い。それじゃあ『パーフェクト・アイディア』にしようと思ったんですが、パーフェクトもアイディアもキャッチー過ぎて、弱いというか、フックが足りないというか。だったら何かタイトルを考えようと思って、テーマも考慮しながら、いろんな言葉を探しました。でも僕の場合は意味よりも発音や綴りの個人的フィット感が重要なんです。NOOKという言葉は僕も知らなかったんですが、NOOKと言っただけで口が気持ち良いなって思ったし、発音も可愛い。そしてNOOKの見た目も好きだったので、この単語を使いたいなと思いました。

-ツアー中に作った楽曲が多く収録されているということですが、ツアーでホテルにいると自然と曲を作ろうと思うんでしょうか?

あまりにもそういう生活が長いので、自分はそういう人間だと思い込んでいるところがあります。もっと言えばゥ張◆蔀罎剖覆鮟颪キャラクターだよね、オレってイ澆燭い福

-自己暗示みたいな(笑)。そんな日々の中には、「今日は曲が出て来ない!」っていう日もあったりしますか?

もちろん出て来ない日のほうが多いです。ツアーが3カ月あって、10曲ということはほとんど出て来てないということなので。〆切りがないので、曲が出て来ないことに関しては何とも思わないですね。言っても飲みに行ってる日のほうが多いですから(笑)。

-飲みに行っても頭の中では曲のことを考えていたりするのでは(笑)。

作りかけがあるときは必ず考えてます。映画を観ていてもマンガやテレビを観ていても、絶対に考えてる。僕は音楽のスイッチが完全にオフになるのは、多分エロのときだけなので(笑)。逆を言えばエロ以外は絶対に考えています。

-日常の中で音楽について考える時間が長いことがわかりやすく伝わります(笑)。

音楽というかピロウズのこと、自分の作品のことですかね。歌詞が一番大きいんですけど、例えば何かすごく心を惹かれるものがあると、ジャケットのアイデアに使えないかなとか、Tシャツのデザインに使えないかとか。バラエティ番組でさえもMCに使えないかとか、ピロウズを無視して無邪気に楽しめるってことはなかなかないんです。すぐに何かに利用しようと考えていると思います。

-今回のアルバムでは、オルタナティヴな要素を復活させましたよね。そうしようと思ったきっかけはあったんでしょうか?

最初は理由はないと思っていたんですが、もしかしてこうだったのかと思ったことはあります。僕らがオルタナティヴ・ロックに濃厚にハマっていたのは、1998から2000年くらいの頃で。2000年には、ガイナックスのゥ侫螢リイ箸いΕ▲縫瓠璽轡腑鵑硫山擇鯀管凜團蹈Ε困担当したんですね。そして昨年16年ぶりにゥ侫螢リイ梁格圓作られることが決定して、またピロウズが音楽を作ることになったんです。なので、ツアー中はその話題に触れながら、一番メインだった『Ride on Shooting star』という曲をアンコールでやりました。ただ、2017年末または2018年初頭から北米で放送ということなので、その時点ではィ嫁後かイらいの気持ちだったと思っていたんです。でも今思えば楽しくツアーしながら曲を作っているときに、ィ嫁後には『フリクリ』の音楽を作ってるんだなイ箸いΔ里頭のどこかにあったのかなって後から思いました。だからオルタナの曲ばかり作って、それがけっこう気に入って。それをピロウズでやらないで、ソロや他のバンドでやるのはちょっと不自然だなと思いました。気に入ったオルタナティヴ・ロックもたくさんできたし、今は何を封印するとか、どういう方向に行こうというコントロールはもう必要ないなってって思いました。

-ギターの音がとてもオルタナティヴ・ロックらしいなと思いました。今回はギターの音にもこだわりがありそうですね。

そこが一番あるくらいです。一番時間を掛けて、何回もミックスし直しました。読者がまったく興味のないマスタリングという作業があるんですけど(笑)、いつもは専門のマスタリングスタジオに行って、プロフェッショナルのマスタリングエンジニアの方にやってもらって、1回で終わるというのがスタンダードなやり方です。でも今回はそれをやめてマスタリングも自分たちでやりました。僕らはマスタリングに関しては素人なので、1回でうまくいかないんだけど、何せ自分たちでやっているから何回もやり直しました。マスタリングを何回もやり直したのは、20何年バンドをやってきて初めてのことです。でもマスタリングスタジオのとてつもなく高級なスピーカーで爆音で聴かされたら、絶対に良い音なんですよ。そうじゃなくて、家に帰っていつものリファレンスする状態で聴いたら、いろいろ思うことがあって。その細かい微調整を何度も何度もやりました。イ海譴呂發Γ渦鵑海Δ靴燭い鵑穿イ辰董⊆分のチームのエンジニアにリクエストしてっていうのを何度も繰り返したので、それが良かった・・・。でもこの話、誰も興味がないですよね(笑)。

-興味がある人もきっといますから(笑)。自分でマスタリングまですることによって、理想の音ができました?

結局それはわからないんですよ。今回は自分たちでやったものしか聴いていないから。去年までやっていただいていた方にもやっていただいて、2種類聴いたらまた違う感想があるんでしょうけど。出すかわからないけどイ箸蠅△┐困笋辰日イ箸いΔ錣韻砲呂いないですからね。第三者が介入する良さと、自分で徹底的にこだわった良さというのは違うのは知っているんです。今回は自分で徹底的にこだわった良さをやりたかったんですよね。

-では次回もマスタリングは絶対自分たちで! みたいな感じでもないんですね。

 現時点では次回も自分でやりたいとは思ってます。でも2種類聴けるのが一番いいんですよね。もっと言えば、たくさんのマスタリングエンジニアの方がいらっしゃるので、いろんな人のを聴き比べたい(笑)。でもそれだけで多額の費用がかかりますからね。だからそんな日は来ないと思います(笑)。

-それでは、今後のthe pillowsはどんな方向に向かっていくと思われますか?

数年前に僕の中でピロウズはすごく清々しい気分に辿り着いて、もう新曲はなくてもいいと思っているんですね。僕が今までの人生で書いてきた曲をライヴで披露することに追いついていないんです。何百曲もあるから、ツアーをしてもまったく追いつかない。気に入っていてもやれない曲が膨大にあるので新曲はもういらないんです(笑)。でもなくていいってことではない。なくても大丈夫なんだけど、気に入った曲ができたらレコーディングしたくなるし、レコーディングして気に入ったら聴いてもらいたくなる。今回はそういう流れだったので、アルバムを出してツアーをやります。the pillowsも結成して28年。メンバーも上が54になりました。2年後の30周年はやるでしょう。でもその後はわからない。僕らにはザ・ローリング・ストーンズみたいなストイックさがないので(笑)。肉体的にも精神的にも彼らのようにはならないので、もうちょっとふんわりやっていこうと思います。

Now On Sale

21st Album『NOOK IN THE BRAIN』
【CD+DVD】
初回限定盤
QECD-90003 (BUMP-063)
¥3,500(without tax)
【CD】
通常盤
QECD-10003 (BUMP-064)
¥3,000(without tax)

LIVE
2017年03月18日(土)/19日(日) 熊本B.9・V1・V2・V3、Django、ぺいあのPLUS(HAPPY JACK 2017)
2017年04月16日(日) 梅田 CLUB QUATTRO
2017年04月21日(金) Zepp Sapporo
2017年04月23日(日) EX THEATER ROPPONGI
2017年04月29日(土・祝)30日(日) みちのく公園北地区 エコキャンプみちのく(ARABAKI ROCK FEST.17)

NOOK IN THE BRAIN TOUR
2017年05月05日(金・祝) 高崎 club FLEEZ
2017年05月07日(日) 長野 CLUB JUNK BOX
2017年05月12日(金) 水戸 LIGHT HOUSE
2017年05月14日(日) 渋谷 TSUTAYA O-EAST
2017年05月18日(木) 岐阜 Yanagase Ants
2017年05月20日(土) 岡山 YEBISU YA PRO
2017年05月22日(月) 徳島 club GRINDHOUSE
2017年05月24日(水) 京都 MUSE
2017年05月26日(金) 金沢 EIGHT HALL
2017年05月28日(日) 新潟 LOTS
2017年06月03日(土) 赤坂 BLITZ
2017年06月13日(火) 浜松 窓枠
2017年06月15日(木) 松江 canova
2017年06月17日(土) 広島 CLUB QUATTRO
2017年06月19日(月) 松山 SALON KITTY
2017年06月21日(水) 鹿児島 SR HALL
2017年06月23日(金) 那覇 桜坂 Central
2017年06月25日(日) 福岡 DRUM LOGOS
2016年06月30日(金) 宇都宮 HEAVENS ROCK VJ-2
2017年07月02日(日) 仙台 Rensa
2017年07月04日(火) 盛岡 club CHANGE WAVE
2017年07月06日(木) 青森 Quarter
2017年07月08日(土) 旭川 CASINO DRIVE
2017年07月09日(日) 札幌 PENNY LANE24
2017年07月15日(土) 大阪 Namba Hatch
2017年07月17日(月・祝) 名古屋 DIAMOND HALL
2017年07月22日 (土) 東京 Zepp Tokyo

the pillows
ザ・ピロウズ 山中さわお(Vo. & Gt)、真鍋吉明(Gt)、佐藤シンイチロウ(Dr.)1989年結成。1991年、シングル『雨に唄えば』でデビュー。2009年、結成20周年記念日の9月16日に初の武道館ライブを行う。2012年、バンドのメンテナンス&リハビリのために活動を休止。2013年8月より活動を再開する。4月29日、30日、宮城県・みちのく公演北地区 エコキャンプみちのくで開催される『ARABAKI ROCK FEST.17』に出演。5月5日、高崎club FLEEZから『NOOK IN THE BRAIN TOUR』がスタートする。 http://pillows.jp