気になる彼がキスしたくなる!即効モテ唇の秘密は「青いリップグロス」

写真拡大

昨年から、オシャレな女子の間で話題になっているのが“青いグロス”。文字通りリップグロスが青いんです。

えっ、顔色が悪くなっちゃわない?プールの授業の後ですか?みたいなツッコミを入れる人もいるかもしれませんが、何を隠そう、こちらがモテ唇作りの秘策なんですよ!

◆青グロスブームのきっかけは?


今や手に入りにくく、“幻の青いグロス”として伝説になりつつあるRMKのリップグロス。「ベビーブルー003」は、人気のヘアメイクさんがおすすめしてから爆発的な人気を博し、再販予約も完売…という状況だったそう。

なぜそんなに青いグロスが支持されたのか?秘密は仕上がりの美しさ。ブルーといっても実際はほぼ透明で、ブルー系のラメが繊細な光を放つのが特徴です。

青ラメが唇のくすみを消して唇をキレイに見せ、さらに肌の透明感もアップすると評判に。さらに、手持ちのリップに重ねることでニュアンスが出て、それがアラサー&アラフォー女子に大人気だった模様。やっぱり年齢を重ねるとくすみは気になりますよね!

◆プチプラの青グロスを選ぶポイントは?


ブームが起こると、プチプラブランドがすぐさま反応。手頃で優秀な青グロスが続々発売されています。

選ぶ際のポイントは、青ラメがちゃんと唇のくすみを消して、肌がキレイに見えるかどうか、というところ。ラメのないものもあるけれど、おすすめはキラキラした小さなラメが入っているものです。

あまりに大きくギラギラしたラメ入りのものは、ギャルっぽくなってしまうので避けましょう。色やラメを乗せるというより、あくまで唇のくすみを払うのが目的です。

ベースになる青色も、なるべく透明感のあるものを選ぶと失敗が少ないかも。青色には水色っぽいトーンからちょっとパープルに近いトーンまであるので、しっかり試してから購入しましょう。
また、使用感も重要。重めの質感よりもサラリとしたものを選ぶと、初心者は使いやすいかと思います。

◆重ね塗りにはベージュ系をチョイス


リップに重ね塗りする場合は、この春流行の「ベージュリップ」をチョイスするのが旬の顔を作るポイントです。

ベージュリップは顔色が悪くなると敬遠している人も多そうですが、今年のベージュリップは色が多彩。自分に似合う1本がきっと見つかるので、トライしてみましょう。
不安な人は青グロスと併用するとチャレンジしやすいですよ。

◆この春はマルチに使える青グロスを!


青グロスは、赤やピンクとも相性抜群。かなりマルチなアイテムと言えるでしょう。
この春、モテ唇を作りたい女子は、だまされたと思って青グロスを使ってみて!好みの色&使用感のものがあれば、ちょっとお高めのアイテムを投入してもいいですね。

春先から初夏にかけて出番が多そうなので、コストパフォーマンスもバッチリです。
ぜひ、気になる彼がキスしたくなるような唇を演出しちゃいましょう!

ライタープロフィール


天野りり子

ライター/編集者
大学在学中からライター&編集稼業をスタート。女性誌ではビューティ&ヘルス企画、男性誌では恋愛記事を多数執筆、書籍編集も手がける。
趣味は読書とタロット占い、そして恋バナを収集すること。