角田光代の原作映画『月と雷』初音映莉子&高良健吾にインタビュー、作品から考える幸せな“普通の生活”

写真拡大

映画『月と雷』が、2017年10月7日(土)よりテアトル新宿ほか全国公開される。

原作は、直木賞作家・角田光代の長編小説

原作は、直木賞作家・角田光代の、2012年に出版された長編小説『月と雷』。角田作品は、登場人物の繊細な心理を描き出すリアルな物語が特徴で、世代を超えて支持を得ている。今までに、『八日目の蝉』や『紙の月』などが映像化され、大ヒットを記録した。

普通の人間関係を築けない大人たちが、生きる意味を探す孤独な旅

『月と雷』は、「親と子」「家族」「生活」の意味を根源から問いかける角田光代の真骨頂ともいえる物語だ。主人公は、幼少の時に母が家出し、“普通”の家庭を知らぬまま大人になった泰子。仕事はスーパーのレジ打ちで、家と仕事場を往復する日々を過ごしている。特別な生活を送っているわけではないが、婚約者も出来、亡くなった父が残してくれた持ち家で暮らし、生活の基盤はしっかりしている。

そんなある日、かつて半年間だけ一緒に暮らしていた父の愛人の息子・智(サトル)が突然現れる。泰子はその2人に自分の家族を壊されたと思っていた。根無し草のまま大人になった智は、ふたたび泰子の人生をかき回し始める。さらに智の母親である直子と出会い、平板な泰子の生活は立ちどころに変わっていく。

作品を通して考える、私たちにとっての“普通”

主人公の泰子役には初音映莉子、智役には高良健吾が起用された。大好きな父を亡くし、清算しきれない過去がある中、物語の中で“普通の生活”を追い求める泰子。一方で、男を渡り歩く母・直子に連れられて各地を転々としながら育ち、“普通の生活”を知らない智。

本作では、まるで漂うように生きる彼らに、千差万別の感想が芽生えるはずである。そんな彼らを演じた初音と高良は、それぞれ役にどのような想いを抱いたのだろうか。話を伺った。

泰子と智の思う幸せな普通の生活とは

泰子と智、自身の役への第一印象はいかがでしたか。

高良:素直なやつだなというのが率直な感想。あらゆるところを転々として生きる直子と共に、少し変わった人生を送ってきたのに、智はぐれもせずに育ったんだなと。だから、僕は智を嫌な奴にはしたくなかった。それを意識しながら演じようと思いました。

初音: 1人の女性の生き方として、揺れ動く気持ちがとても共感できました。人間関係のなかで何となくもどかしさを感じることは、私自身、日常で経験のあること。相手にうまく話せなかったり、本当はこれを話したいって考えていることがあるのに違うことをダラダラ話してしまったり。

それから、誰かを愛おしく感じたり、この人に愛されたいと求めたりすることも。私だけでなく、誰もが感じたことのある心情だと思います。

そんな2人の出会いは、彼らにどのような意味をもたらしたのでしょうか。

高良: 「運命」という言葉がありますけど、僕自身それは“ある”と思っています。でも、その「運命」を超えるには、おそらく自分が苦手なこととか、絶対に手をつけないことに踏み出さないといけない。

『月と雷』の中では、不幸だったり弱さだったり、今まで受け入れられなかった自分の人生の何かを、受け入れた瞬間が描かれています。小説の中で、智が現れた時に泰子の心理描写として「不幸がきた」という表現があるのですが、きっとその不幸を受け入れていくことが、彼らの「運命」を超えた瞬間。その「運命」を越えて2人が変わっていったのだと思っています。

初音:泰子と智はそれぞれ「ちゃんと生きていたいのに、なんでこうできないんだよ!」と思っていた時に再会します。それは突然で、思わぬものだったけど、きっと泰子も心のどこかで「何してるのかな」って無意識に求めていたのかもしれません。彼らの再会は、色んなエネルギーが生み出されていくきっかけだったと思います。

無意識的に求めあっていた2人のラブシーンには、特別な意味があったのでしょうか。

高良:子供の頃と同じことをしているのに、大人になった2人がやると全然違う風になってしまっただけなのかなあと。僕がとても面白いと感じるのは、『月と雷』でのラブシーンが、その変化を描いているところです。

初音:そうですよね。お互いの体が成長して、違う方向になってしまっただけで、彼らにとっては、裸で走り回ったりしていたことの延長線上なのかもしれません。男女の性欲とか、どうしてもしたいっていう感情じゃない、自然に過去へと戻った2人の時間が、このシーンだと思います。

2人が出会って芽生えた感情はどのようなものでしょうか。

初音: 智と再会する前まで、泰子は、婚約者がいて、結婚して、子供も産んで……そんな道を普通だと思って生きてきた。でも、再会して一緒に過ごすうちに自分を騙して生きてきたことを実感します。小さい頃の生き方は根付いていて、やっぱりその根っこの部分を無視して生きていけないと考え直すのです。互いに出会ったことで、自分と向き合わなければいけないと変化していったのです。

彼らが出会い、ともに過ごす中で追い求めた“普通の生活”はどのようなものだと思いますか。

高良: 2人の生き方は、客観的に見ると普通とは思えないかもしれないけど、智は自分の生活を普通だと思っている。きっと根無し草のようにしか生きられなかったのだろうから。彼にとってはそれが“普通”。

でも、智だけでなく泰子も、今の状況を良しとせず、生きることにもがいています。諦めに見えるときもあるけど決してそうじゃない。こうでしか生きられないはずなのに、もがき続ける彼らの姿を見て、愛おしいと感じました。

初音:私も高良さんと同じ意見で、彼らはこう生きることしかできないのだと思います。だから、映画の中で見える生き方そのものが、彼らにとっての“普通”なのではないでしょうか。でも、時の流れのように、成すがまま進んでいく彼らの生き方はまさに人生だなと感じます。

初音と高良が思う、幸せな普通の生活とは

登場人物の不器用な人生とは、まったく異なる役者の世界にいる初音と高良。『月と雷』を通して考える、2人にとっての“普通”であることは、どのようなものなのだろうか。

役者として歩む中で、智と泰子のような人生を変える出会いはありましたか。

高良:芝居を始めたころ、役者ってこういうものだ、映画ってこういうものだ、芝居ってこういうものだと、教えて下さった方々との出会いがそうですね。僕は、その方々に出会えたことを、とても恵まれていたと思っています。

それは今でも変わらない。僕に影響を与えてくれるものは、日常の何気ないところにたくさんあります。人でなくても、本とかでもよくて。僕にとって、出会いは限定できるものではないと思っています。

初音:私も同じで、大きなポイントはなくて、小さなことがターニングポイントになっていることが多いです。役者として、人間の心理を考えることが多いのですが、日々の出会いの中にそういったものがたくさんあると思いますし、自分を変えていくものがいかに日常の中に多いのかというのを、若い時は感じませんでしたが、最近よく感じます。

その小さなことに気づくか気づかないかによって、自分自身がいかようにも変化できる。だから、さりげない言葉もキャッチして、自身の価値観をひとつひとつ思い返すように小さなことを味わって、血と肉にしていきたいですね。

では、高良さん、初音さんにとっての“普通”はどのようなものだと思いますか。

初音:普通って大多数を占めるもののことを言うのかなって。役者という仕事をしている以上、きっと私たちはその大多数に入らないし、世間一般から見る普通ではないはず。でも、そうであったとしても、ものすごく人間らしく生きていたいとは思いますね。

“人間らしく”とは。

初音:私の同年代の友人たちは、みんな子供を産んで、母親になって、家庭に入ってというような生活を送っている子が多い。だから、きっと役者をしている私は少数派です。

でも、例えば、もし私の“普通”が、他人に「変じゃない?」と言われたとしても、「私はこの道で歩んできたんだ」と思う。だってきっと、人には個々の普通が絶対に存在しているし、それが人間らしさだから。それぞれに違っていいものなんじゃないでしょうか。『月と雷』は、それを肯定してくれるような作品だと思いますね。

高良:普通は大多数を占めるものというのは、本当にそうだなあと思います。だから、僕も初音さんと同じで役者という職業の普通は、普通じゃないんだろうなと感じます。

役者としての“普通”の概念はまた違ってくるのでしょうか。

高良:役者は、人に見られて、干渉されて、裁かれるという、とても特別な状況にある。とは言え、おそらく誰よりもみんなの思う普通を大切にしなくてはいけない職業でもあります。演技をする上で、先ほど初音さんがおっしゃった大多数を占める普通は、この作品の中ではどういうものなんだろうって。リアルさを求めるためにも、普通を意識することは本当に大切です。

小さなことを拾いながら、自分を見つめ直すことで“普通”を模索していく。その姿は泰子と智に通じる部分があるのだろう。

主演は初音映莉子と高良健吾、草刈民代の新境地にも注目

泰子役・初音映莉子

主人公の泰子を演じるのは、初音映莉子。映画『ノルウェイの森』 に出演、『終戦のエンペラー』でハリウッドデビューも果たした。自身と同年代でもある彼女の繊細な心の機微を、スクリーンのなかで表現する。

智役・高良健吾

共に主演を務める智役の俳優・高良健吾は、『軽蔑』で第35回日本アカデミー賞新人俳優、『横道世之介』で第56回ブルーリボン賞主演男優賞を受賞。NHKドラマ「ぺっぴんさん」で主人公の幼馴染を演じるなど、その突出した演技力と存在感に注目が集まっている。

男を渡り歩く母・直子に連れられて各地を転々としながら育った智は、「普通の生活」というものができない。過去の記憶を背負いながらも、飄々とした青年だ。

直子役・草刈民代

泰子が小学1年生の時、母の代わりに直子とその息子の智が転がり込んできた。直子はろくに家事をせず、智と泰子がはだかで家を駆け回り、好きなだけお菓子を食べても何を言うこともない。そんなでたらめで楽しかった思い出を泰子に残し、直子と智は半年も経たずにいなくなった。

まるで根無し草のように生きる直子を演じる草刈民代。荒らんだ雰囲気を出すためにあえて汚しメイクを施し、並々ならぬ覚悟で直子役に挑んだ。

監督・『blue』の安藤尋

監督を務めるのは『blue』『海を感じる時』の安藤尋。リアルな台詞と丁寧な演出で、地方都市で生きる登場人物の心理描写を強く描き、小説の世界観を新たに拡げている。

あらすじ

幼少の時に母が家出し、“普通”の家庭を知らぬまま大人になった泰子(初音映莉子)。仕事はスーパーのレジ打ちで、ほとんど家と職場を往復する代わり映えのない日々を過ごしている。婚約者も出来、結婚の準備を進めていた。亡くなった父が残してくれた持ち家で暮らし、生活の基盤はしっかりしている。

刺激に満ちた生活を送っているわけではないが、「あたしはこれから普通の家庭を築き、まっとうな生活を 重ねていく―。」結婚を控え、そう考えていた。

そんなある日、かつて父が愛人として連れてきた女・直子(草刈民代)の息子・智(高良健吾)が突然泰子の前に現れる。かつて半年間だけ一緒に暮らした男だ。無邪気な笑顔を浮かべる智。“普通”の家族を知らぬまま大人になった二人。大きな喜びはないが小さな不幸もない平板な泰子の生活が立ちどころに変わっていく。

作品詳細

【詳細】
映画『月と雷』
公開時期:2017年10月7日(土)テアトル新宿ほか全国公開
出演:初音映莉子、高良健吾、藤井武美、黒田大輔、市川由衣、村上 淳、木場勝己 
草刈民代
監督:安藤尋
脚本:本調有香
原作:角田光代
©角田光代/中央公論新社 ©2017「月と雷」製作委員会


[写真付きで読む]角田光代の原作映画『月と雷』初音映莉子&高良健吾にインタビュー、作品から考える幸せな“普通の生活”

外部サイト

  • 映画『悪と仮面のルール』玉木宏主演で、中村文則の小説を実写化 - ”悪”を背負った男の究極の愛の物語
  • 映画『ターミネーター2 3D』4DXで公開決定 - ジェームズ・キャメロン監督の代表作が再び
  • 映画『嘘を愛する女』長澤まさみ×高橋一生 - “嘘"に翻弄される新感覚ラブストーリー