写真提供:マイナビニュース

写真拡大

豊田市は3月16日〜18日、とよたエコフルタウンにて「豊田市だよ! ミライの乗り物大集合」を開催。超小型EVやパーソナルモビリティなど、普段は一般公開されていないものを含め、数々の最先端の乗り物が登場する。

期間中、会場ではさまざまなサービスや乗り物の体験ができる。例えば、「Ha:mo RIDE(ハーモライド)」は、超小型EV(電気自動車)を好きなステーション(専用駐車場)から借りて、好きなステーションに返すことができるシェアリングサービス。16日と17日の2日間は「豊田市だよ! ミライの乗り物大集合」が行われるとよたエコフルタウンと「とよたビジネスフェア」が行われるスカイホール豊田の2会場に、18日はとよたエコフルタウンにステーションを設置する。通常は利用するための登録が必要だが、イベント中の2会場に限り、登録なしでサービスを体感できる。

トヨタが開発するパーソナルモビリティ「Winglet(ウィングレット)」は、体重移動で動かす二輪型の乗り物。ハンドル部分があり、誰もが簡単に操作ができる「ロングタイプ」と、よりアクティブでスポーティに楽しめるハンドルのない「ショートタイプ」の2タイプがある。16日〜18日のイベント中は、ロングタイプに試乗できる(人数限定)。

イベント期間中は、最寄り駅と各イベント会場を結ぶシャトルバスとして水素を燃料に走るFCバスを運行。FCバスは有害な排気ガスを出さない次世代のバスとして注目されているが、バス会社での導入はまだ数例しかなく、今回、公道を走行するFCバスに乗車できるチャンスとなる。

さらに、モビリティだけでなく名古屋大学が開発した「交通ダイナミックマップ」体験も用意。「Ha:mo RIDE」やFCバスから位置情報を取得し、現在どの位置を走行しているかをリアルタイムにタブレットで閲覧できる。

18日には、新しいコンセプトのシニアカー「COMOVE(コモビ)」と3人乗りの電動アシスト自転車「e-Pedicab(イーペディキャブ)」が登場。イベントでは「COMOVE(コモビ)」のみ、試乗ができる(e-Pedicabの試乗はなし)。

また、会場では乗車するだけでなく、「給電」という新しいモビリティの使い方も紹介。イベント開催期間中、とよたエコフルタウン内にある地産地消レストラン「ホガラカ」の電力をまかなうのは、燃料電池自動車「MIRAI」。とよたエコフルタウン内の「スマートハウス」には、電力合成装置を使って電力を供給し、「CARFE(カーフェ)」を営業。ドリンクなどで来場者をおもてなしする。

18日は豊田市出身のモノマネ芸人コージー冨田さんのモノマネショーを開催。コージー冨田さんが次世代モビリティを体験し、その感想をさまざまなものまねで語る。同日に行われる「クルマのミライがよくわかる 〜これからの EV〜」と題した講演会では、トヨタ自動車EV事業企画室室長の豊島浩二さんと商品ジャーナリストの北村森さんがこれからの電気自動車について語り合う。この講演会の観覧には事前申し込みが必要。申し込みはとよたエコフルタウン内のイベントページを参照。

豊田市だよ! ミライの乗り物大集合は3月16日〜18日の各日10:00〜17:00、とよたエコフルタウン(愛知県豊田市元城町 3-11)にて開催。入場は無料となる。