写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三井住友銀行と日本総合研究所は3月13日、法人向けのインターネットバンキングを外出先などでも、利用可能とすることを目的に、2017年春ごろをめどに、法人向けインターネットバンキング「パソコンバンクWeb21」において、スマートフォンで専用アプリを利用した決済サービスの提供を月額料金無料で取り扱いを開始すると発表した。

今回の取り扱い開始により、従来はパソコンにて利用していた各種サービスのうち、照会サービス(残高照会、入出金明細照会)や振込・振替サービスをスマートフォン専用アプリをダウンロードし、利用が可能になるという。また、不正取引の防止を鑑み、スマートフォンでの振込時にワンタイムパスワードを必須とするなど、セキュリティ環境も整えている。

すでにパソコンバンクWeb21の契約ユーザーのうち、Web上での手続きが可能な場合は、申込書提出の必要なく、専用アプリ(追加料金無料)が利用できる。両社は、今後も顧客ニーズに合わせたサービスを提供していくことで、利便性の高いサービスを提供していく方針だ。

(岩井 健太)