写真提供:マイナビニュース

写真拡大

テスティーは3月13日、お小遣いに関する調査結果を発表した。調査は3月6日〜7日、運営するスマートフォンアンケートアプリ「TesTee」ユーザーのうち中学生および高校生446名を対象にインターネットで行われた。

○半数が「お小遣いをもらっている」

「お小遣いをもらっているか」について聞いたところ、中学生の52.4%、高校生の53.8%と、中高生全体で53.1%の人がお小遣いをもらっていることがわかった。お小遣いをもらう頻度については「月に一度」との回答が最も多く、中学生で85.5%、高校生で72.8%という結果だった。

また、ひと月にもらうお小遣いの金額を調査した結果、中学生では「1,000〜3,000円未満」との回答が56.6%と最も多い結果に。高校生においては、「3,000〜5,000円未満」が35.7%と最も多く、次いで「5,000〜7,000円未満」が21.0%、「1,000〜3,000円未満」が19.8%と金額にばらつきが見られた。

○お小遣いの使い道は「貯金」も3割

「お小遣いの使い道」について聞くと、中高生ともに交際費や飲食代、漫画などの娯楽品代が結果の上位を占めた。

また、中学生の32.9%、高校生の33.3%と約3割の中高生がお小遣いを「貯金する」と回答。貯金の理由を聞いたところ、中学生は「欲しいものができた時に使う」「ライブや旅行に使う」、高校生は「大学に行ったら1人暮らしをするため」「将来のため」といった回答が見られた。「使い道はまだわからないが貯金している」という意見が最も多く、中には「老後のため」と回答した人もいた。

○高校生のアルバイト収入はどれくらい?

高校生を対象にアルバイトに関して調査した結果、19.2%の人が「現在アルバイトをしている」と回答。アルバイトによる月の収入は「2万円未満」と回答した人が34.5%、「2万円〜3万円未満」と回答した人が31.0%だった。

「どんなアルバイトをしているか」との質問に対し、最も多かった回答は「飲食店」、次いで「コンビニ」という結果になった。