おもてなしにぴったり!後味すっきりヨーグルトアイスサンドの作り方

写真拡大

さっぱりと食べられるヨーグルトアイスサンドの作り方をご紹介します。お好きなビスケットを使うことでアレンジができますし、片手で持つことができて食べやすいのでちょっとしたおもてなしにもぴったりです。

【 写真入り記事は関連記事 「元記事」 からチェック! 】

■ 材料(20〜25個分)

・ホイップできるタイプの生クリーム…200ml
・ヨーグルト…400g
・砂糖…50g
・レーズン…100g
・お好きなビスケット…適量

■ 作り方(調理時間:20分※凍らせる時間は除く)

◎ STEP1:生クリームを泡立てる

大きめのボウルに氷水を入れ、生クリームと砂糖を入れたボウルを重ねて、冷やしながら泡立てます。ヨーグルトと同じくらいのもったりとした固さになったら泡立てるのを止めて、氷水から外します。泡立てすぎると元に戻らないので注意してください。

◎ STEP2:凍らせる

ヨーグルトとレーズンを加えてよく混ぜたらジッパー付きの保存袋に入れ、冷凍庫で凍らせます。平らにしてステンレス製のバッドなどにのせると早く冷えます。

◎ STEP3:取り出してもむ

2時間冷やしたら取り出して、固まっているところをつぶすようによくもみます。全体に柔らかく混ぜ合わせることができたら再び冷凍庫へ戻します。この作業を2〜3回繰り返します。

◎ STEP4:ビスケットではさむ

少し常温においてスプーンですくえるくらいの固さになったら、ビスケットにはさみます。時間がかかってしまうとどんどん溶けてくるので、なるべく手早くはさみます。作業中、アイスの下に保冷材などを敷いておくのもおすすめです。

◎ STEP5:完成!

再び冷凍庫で30分ほど冷やして固め直したら出来上がりです。

■ 作り方のコツ

ビスケットを味付きにしたり、アイスに混ぜるレーズンを冷凍ブルーベリーに変えるなど、アレンジするのも楽しいです。アイスは生クリームやヨーグルトを使い切れる分量で作っていますが、かなり多く出来上がるので心配な方は半量から始めてみてくださいね。

(image by 筆者)
(著:nanapiユーザー・深煎きな子)