SNS映えしそうな「惑星キャンディー」(Qoo10で購入可)

写真拡大

今年もとうとう「あの季節」が到来する。3月14日の、お返しの儀式「ホワイトデー」だ。

何をお返しするべきなのか頭を悩ませる男性も多いはず。約4人に1人がお返しに「ガッカリ」したというデータも...。そんな複雑な「女ゴコロ」を読み解くために役立つ情報を紹介する。

本命は「高額」期待

総合情報サイト「All About(オールアバウト)」とインターネットリサーチのマクロミルが20代から60代の女性500名(各年代100名)を対象にした調査によると、バレンタインデーのお返しの金額は、義理チョコの場合

あげたものの「半額」程度・・・8.0%
あげたものと「同額」程度・・・43.6%
あげたものの「2倍」程度・・・11.4%
あげたものの「3倍」程度・・・1.2%
「高額」なものほどよい・・・3.8%
お返しはとくに「いらない」・・・32.0%

と、同額程度のお返しを望む女性が一番多く、「気兼ねなく受け取れるもの」への期待が高いようだ。

一方、本命チョコの場合、

あげたものの「半額」程度・・・3.4%
あげたものと「同額」程度・・・40.0%
あげたものの「2倍」程度・・・21.2%
あげたものの「3倍」程度・・・4.8%
「高額」なものほどよい・・・10.4%
お返しはとくに「いらない」・・・20.2%

と、義理チョコに比べ「同額」を期待する割合が減り、「2倍」「3倍」「高額」の割合が跳ねあがった。

また、同調査では、「今まで彼氏からもらったホワイトデーのお返しに、ガッカリした経験はありますか?」という質問もしており、「ある」が23%、「ない」が77%だった。約4人に1人が「ガッカリ」と、男性にとって「厳しい」結果となった。

賢いネット利用

具体的にはどういうものが欲しいのか。

女性向けウェブサイト「OZmall(オズモール)」が女性会員1024名を対象に調査したアンケートによると、義理チョコの場合、

1位「ノーブランドのスイーツ」・・・40%
2位「高級ブランドのスイーツ」・・・34%
3位「ハンドクリームなどのコスメ」・・・9%

と、スイーツが上位2つを占め、

本命チョコの場合も、

1位「高級ブランドスイーツ」・・・28%
2位「レストランの食事」・・・24%
3位「アクセサリー」・・・12%

と、スイーツがトップになった。本命・義理ともに、スイーツ人気が光る。

インターネット総合ショッピングモール「Qoo10(キューテン)」では、迷える男性のために、ホワイトデーに人気のスイーツ・トップ20を紹介している。手頃な価格で購入できる高級スイーツから、ユニークなスイーツまで、幅広いラインナップを揃えている。

直接店頭に行くと、なかなか選べないのが「男ゴコロ」というもの。こうしたインターネットショッピングサイトの「ホワイトデー特集」や「人気ランキング」を活用するのも有効かもしれない。