イベントに出席した土屋太鳳

写真拡大

 亀梨和也と土屋太鳳が3月13日、東京・蒲田女子高等学校で行われた、共演作「PとJK」の交通安全イベントに出席した。全校集会と称して集められた300人の女生徒は何も知らされていなかったため、本作の予告編が流れた段階で、場内に黄色い歓声が響き渡り、2人の登場を待たずして扉周辺に生徒が殺到。いざ2人が現れると、生徒に囲まれて姿が見えなくなるほどの盛り上がりをみせた。

 三次マキ氏の人気漫画を、「ストロボ・エッジ」「オオカミ少女と黒王子」の廣木隆一監督が実写映画化。警察官・佐賀野功太(亀梨)と、女子高生・カコ(土屋)による秘密の年の差結婚を描く。

 イベント開始後も生徒たちの興奮は冷めず、亀梨が話し始めただけで悲鳴にも似た歓声があがり、思わず土屋は「みんな、聞いてる〜?」と笑顔でツッコミを入れる。さらに「亀梨の印象」を問われた土屋が「クールなイメージがあったので、セクシーがもれてしまうかなと思った(笑)」と明かすと、亀梨は「今日はくるぶしあたりからセクシーがもれてしまって」と言って足元をのぞき込み、笑いを誘った。

 質問コーナーでは、亀梨がトップアイドルとしての本領を発揮。亀梨のファンだという生徒のために「ラブビームをしてほしい」というリクエストに対しては「ラブビームをおくってほしいの? どうやるの?」と聞きながら、手でハート型を作って応じる。喜びのあまり、生徒が顔を覆って泣き出すと「泣かないで。ちゃんと見て帰るんだよ?」と優しく言葉をかけた。

 さらに、「亀梨さんが大好きすぎて困っています。結婚してください」と猛アプローチする生徒まで登場。ここでも亀梨は、「そういうタイミングがきたら、僕から言うので待っていてください。引き続き応援しながら待っていてください」と“神対応”だった。

 終盤には「映画のワンシーンを再現してください」という要望に応えて、功太がカコにプロポーズする場面を生披露することに。亀梨が「カコちゃん、結婚しようか」と土屋に呼びかけると、この日一番の大歓声。亀梨は、「ごめんなさい。またくるぶしあたりから、セクシーがもれはじめちゃって。今は、功太くんじゃなくて、亀梨なので(笑)」と言い、照れ隠しをしていた。

 「PとJK」は3月25日から公開。